• ホーム
  • 芸能
  • 超新星・ユナク、“片言演技”に苦戦 『増山超能力師事務所』ゲスト出演

超新星・ユナク、“片言演技”に苦戦 『増山超能力師事務所』ゲスト出演

 K-POPグループ・超新星のリーダー・ユナクが、主題歌「君じゃなきゃ」を担当する23日放送の読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ『増山超能力師事務所』(毎週木曜 後11:59)第8話に出演することがわかった。恋人を日本に残して韓国に帰ってしまう青年、ユン・ジフン役としてあえての“片言”の日本語を披露。「『冬のソナタ』の現代バージョンみたいです。逆に日本語を片言で演じるのが難しかったけど、ピュアな学生時代、そして大人になりクールなユン・ジフンをお楽しみに!」とアピールしている。

【写真】その他の写真を見る


 人気作家、誉田哲也氏の同名小説が原作とした同ドラマは、超能力を持った個性的なメンバーたちが依頼人の悩みを解決するため探偵業に奔走する姿を描く。「面倒臭い」が口癖なのに女にめっぽうモテる主人公・増山超能力師事務所の所長の増山圭太郎をココリコ田中直樹が演じる。第8話では男関係が派手な玲奈(山下リオ)が「友達が窓から投げ捨てた指輪を探して欲しい」と依頼にやってくる。

 「主題歌を担当させていただいていて、毎週見ているドラマに出演出来てうれしいし、楽しかったです。久しぶりにロマンチックな演技をさせていただきました。現場では皆さんに優しくしていただき、楽しく撮影できました」と振り返るユナク。元恋人の玲奈を演じる山下の印象を「人形みたいにかわいらしい方で、色々一緒に話しながらロマンチックな雰囲気を仲良く作っていけたと思います」と絶賛した。

 ドラマの内容にちなみ、もし超能力が使えるなら過去に行きたいというユナクは「大学時代に名古屋の大学に留学をしていたのですが、国費留学生だったので勉強ばかりしていて、毎日図書館と家と大学の往復の生活でした。日本の文化やグルメを楽しむ時間がなかったので、その頃に戻ってもっと日本中を旅したいです」と想像をふくらませた。



関連写真

  • 読売テレビ・日本テレビ系の連続ドラマ『増山超能力師事務所』第8話に登場する超新星のユナク (C)読売テレビ
  • 読売テレビ・日本テレビ系の連続ドラマ『増山超能力師事務所』第8話場面カット (C)読売テレビ
  • 読売テレビ・日本テレビ系の連続ドラマ『増山超能力師事務所』第8話場面カット (C)読売テレビ
  • 読売テレビ・日本テレビ系の連続ドラマ『増山超能力師事務所』第8話場面カット (C)読売テレビ
  • 読売テレビ・日本テレビ系の連続ドラマ『増山超能力師事務所』第8話場面カット (C)読売テレビ
  • 読売テレビ・日本テレビ系の連続ドラマ『増山超能力師事務所』第8話場面カット (C)読売テレビ
  • 読売テレビ・日本テレビ系の連続ドラマ『増山超能力師事務所』第8話場面カット (C)読売テレビ
  • 読売テレビ・日本テレビ系の連続ドラマ『増山超能力師事務所』第8話場面カット (C)読売テレビ
  • 読売テレビ・日本テレビ系の連続ドラマ『増山超能力師事務所』第8話場面カット (C)読売テレビ
  • 読売テレビ・日本テレビ系の連続ドラマ『増山超能力師事務所』第8話場面カット (C)読売テレビ
  • 読売テレビ・日本テレビ系の連続ドラマ『増山超能力師事務所』第8話場面カット (C)読売テレビ
  • 読売テレビ・日本テレビ系の連続ドラマ『増山超能力師事務所』第8話場面カット (C)読売テレビ
  • 読売テレビ・日本テレビ系の連続ドラマ『増山超能力師事務所』第8話場面カット (C)読売テレビ

オリコントピックス