• ホーム
  • 芸能
  • 剛力彩芽、コスプレ七変化で新境地「怖いものない」

剛力彩芽、コスプレ七変化で新境地「怖いものない」

 女優の剛力彩芽(24)が主演しているTBS系連続ドラマ『レンタルの恋』(毎週水曜 深0:10)では、剛力がお客さんの好みとあればどんな女性にでもなりきる最強の“レンタル彼女”高杉レミ役として、毎回度肝を抜くコスプレで楽しませてくれる。エヴァンゲリオン初号機、マリー・アントワネット風のお姫様、清楚な女子高生、ド派手な原宿ファッション…。どこか吹っ切れたような演技と衣装で、毎話ごとに全く異なる女の子に変身。剛力自身は「最初はドキドキして恥ずかしさもありながらも、だいぶ度胸がついて怖いものがなくなりました」と軽やかな笑みを浮かべる。

【写真】その他の写真を見る


 コスプレクオリティーの高さと非現実的な設定が笑いを誘うが、本人はいつでも全力。「最初はなりきれるかなとか、これは演じられるかなという不安もあったけど、意外とやってみたらできるもんなんだなぁと」と、さまざまな表情を魅せ新境地を開拓している。

 特に「エヴァンゲリオンコスプレってそっち!?」とツッコミを入れたくなるような初号機(第一話で披露)はネット上でも話題を呼んだ。「『エヴァのコスプレするから』と言われたので綾波レイさんとかアスカさんとかを想像して…。でも『ちゃんとやらないとファンの方からクレームくるな』って思っていたら台本には「エヴァンゲリオンのコスプレ(初号機)」と書いてあって『初号機ってなに!?』って(笑)」と予想外の役柄にさすがに本人も驚きを隠せなかったという。

 「情報解禁前から横浜のデートスポットでロケをしていたんですが周囲のカップルから『え、初号機いる!』って言われたりしました」とその反応を楽しんだ様子。ドラマの中で演じるレミがお客さんの理想の女性になりきるのはある意味二重構造となっているため難しさもありそうだが「変身させてもらって、相手もそれにのってくれてという雰囲気を楽しみながら演じています」と前向きに捉える。

 劇中ではロングヘアの可憐なセーラー服も披露しており「意外とイケるなって(笑)」とご満悦だが自身はいよいよこの夏には25歳、20代も折り返し地点を迎える。「想像以上にあっという間でしたね。時は立つのが早いです。この数年間はひとつひとつが濃厚でぎゅっと詰まった経験させてもらってる」とこれまでを振り返ってしみじみ。

 「あっという間に先輩という立ち位置になってくるんだなと思うと、ちょっとずつでも大人になっていかなきゃという寂しさもあって。20代後半はより大人になっていくと思うので、自分の感覚もしっかりしなきゃと思うし、先輩のいろんなところをみて盗んでいきたいと思います」。大人として先輩として、少しずつ変化も生まれている。

 「どの仕事もそうですが終わりがないというが、課題を見つけてクリアして、また見つけて…その繰り返しで終わりも正解もない。どれだけやっても納得もしない。だからこそお芝居は本当に楽しい」と試行錯誤を続ける。今回のドラマではサイボーグか、宇宙人か、レミの正体が明かされるにつれ見えてくる、レミ自身のキャラクターを彼女がどう演じるのかにも注目だ。



関連写真

  • 剛力彩芽 (C)ORICON NewS inc.
  • 剛力彩芽 (C)ORICON NewS inc.
  • 剛力彩芽 (C)ORICON NewS inc.
  • 剛力彩芽 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス