• ホーム
  • 芸能
  • 『相棒』ドラマシリーズに2代目・神戸尊が5年ぶり登場

『相棒』ドラマシリーズに2代目・神戸尊が5年ぶり登場

 テレビ朝日系人気刑事ドラマシリーズ『相棒season15』(毎週水曜 後9:00)は、きょう2月1日の第13話と翌週8日の第14話、2週連続の前後編スペシャルを放送する。2代目相棒の神戸尊(及川光博)や「season14」までレギュラーだった鑑識係の米沢守(六角精児)も久しぶりに登場。映画『相棒-劇場版IV-』(2月11日公開)にも関係する“1年前のエピソード”が描かれる。

 及川が演じた杉下右京(水谷豊)の2代目相棒・尊は、2012年3月の「season10」放送終了と同時にドラマシリーズを卒業。以来、5年ぶりにドラマシリーズに登場する尊は、警察庁長官官房付でありながら、大河内春樹首席監察官(神保悟志)からの個人的な依頼で、ある人物を調査する中、特命係が捜査する立てこもり事件と関わりを持つことになる。

 一方、六角が演じる鑑識の米沢は、相棒シリーズ初期から昨年3月に放送された「season14」の最終話まで、相棒シリーズに欠かせない名物キャラとして出演。「season15」では警察学校の教官に就いており、これまで登場シーンはなかったが、1年前のエピソードを扱う今回の第13・14話では、我が身の行く末を案じて特命係と距離を置くと決めながらも、つい手を貸してしまう米沢の揺れ動く姿が描かれる。

 1年前の事件ということで、右京の現相棒、冠城亘(反町隆史)はまだ法務省から出向の身分。神戸とはまだ面識がない一方、米沢とは、亘が米沢を騙したという過去からの確執を抱えている。そんな4人が、それぞれの立場から人質立てこもり事件に関与。ほかの捜査関係者が想像すらしない、事件の背後にある組織的な闇をあぶり出していく。そこには、『劇場版IV』で描かれる事件に関わる、警察組織の大物人物の影も…!? ドラマを見ると、劇場版もより一層楽しめる仕掛けになっている。

■あらすじ
 ある日、冠城亘は「K」なる人物から意味深なメールを受け取る。「K」とは、元特命係で現在は官房付の神戸尊。「君に借りができた」との文面を読む亘の脳裏には、1年前、まだ法務省から出向中に経験したある事件がよみがえってくる。

 1年前の冬、早朝。空き地で男が暴漢に襲われ倒れているのが発見される。犯人の男は車を使って逃走。たまたま警邏中のパトカーが通りかかり、すぐに緊急配備が敷かれるが、犯人は車を乗り捨てどこかに姿をくらましてしまう。車のナンバーから犯人は、司法浪人生の真渕治と判明。一方、意識不明で病院に運ばれた被害者には身元を示すものがなく、氏名は不詳のままだった。

 伊丹(川原和久)たち捜査員は真渕が逃げ込んだと思われる住宅街を包囲。そこに近隣で巡回カードの回収を手伝っていた杉下右京と亘が現れる。右京はすぐさま真渕の潜伏先として1軒の住居兼町工場に目星をつける。伊丹は右京の推測に疑いを持つが、真渕のスマートフォンの位置情報が完全に一致。住人の老婦人を人質に立てこもっていることが明らかになる。

 亘は巧妙に捜査本部の鑑識、米沢から真渕のスマートフォンの番号を入手。真渕は亘からの電話には応答しないものの、ショートメールで要求を伝えてくる。人質解放の条件は、『吉井コーポレーション常務・吉井秀典の妻、聡美を連れてこい』というものだった。

 しかし、聡美は3週間前に死去していたことが判明。その死について、実は尊がある理由から秘密裏に調べていた。同じ頃、立てこもり事件をよそにある官僚とランチをしていた警察庁長官官房総務課長・山崎(菅原大吉)の口からも「吉井」の名前が出て…。

 そんな中、右京と亘は、真渕がアルバイトをしていたクラウドソーシングの依頼内容の調査に着手。すでに押収されている真渕のパソコンの中身を知るため、二人連れだって米沢のもとを訪れるのだが…。

 尊や米沢を巻き込みながら、右京と亘がたどりついた人質立てこもり事件の真実とは?



関連写真

  • 2月1日・8日放送、テレビ朝日系ドラマ『相棒season15』第13話&第14話より。(左から)杉下右京(水谷豊)、2代目相棒・神戸尊(及川光博)(C)テレビ朝日
  • 鑑識係の米沢守(六角精児)も「season15」は初登場(C)テレビ朝日

オリコントピックス