• ホーム
  • 芸能
  • 桜田ひより、謎の美少年に変身 『ホクサイと飯さえあれば』で初の男役

桜田ひより、謎の美少年に変身 『ホクサイと飯さえあれば』で初の男役

 女優の桜田ひより(14)がMBS・TBSほかで放送されている連続ドラマ『ホクサイと飯さえあれば』第2話から出演。日本テレビ系『明日、ママがいない』(2013)のピア美や、『ワイルド・ヒーローズ』(2014)ヒロイン・五嶋日花里など子役として活躍してきた桜田が14歳となり、初の男の子役に挑戦する。学ランに長い前髪が特長の少年・凪役に起用され「男の子の役は初めてだったので不安もありましたが、男の子になれる機会は滅多にないのでとても楽しみでした」と満喫した様子で語っている。

【写真】その他の写真を見る


 鈴木小波(すずき・さなみ)氏による同名漫画(講談社『ヤングマガジンサード』で連載中)をもとに大学進学のために上京してきた“超”人見知りな山田文子、通称ブン(上白石萌音)が、東京・北千住の町で創意工夫の「楽しい」自炊ライフを送るという“食べるシーンが一切ない!”異色のグルメドラマとなっている。凪はブンの家の裏手にある墓地からやって来る謎の少年で、ブンの家に突然上がり込んで以来、たびたび遊びに来るようになるという不思議な役柄だ。

 少年になりきるために監督と相談し、走り方など細部までこだわったという桜田は「同じ学校の男の子の座り方や歩き方、しゃべり方などを盗み見して(笑)、それを家で実践してみて練習していました」と身近な男子を研究。そのおかげか「いつも学ランの衣装を着ていたので、私服の時にスタッフさんと会うと、皆さん2秒くらい固まったあと『…女の子だったね』と言われるのがうれしかったです。本当に男の子に見えているんだなって」とうれしげに明かした。

 ショートカットの桜田と対面した際に「あれ? もしかして男の子もやれる?」と確信したという森谷雄プロデューサーは実際に桜田の凪を撮影して「全く女の子に見えません(笑)」と自信たっぷり。「声の出し方、歩き方や走り方までもまさに男の子です。そして、凪の持つ不思議さやツンデレ感を見事に演じてくれています。『このイケメン誰?!』となること間違いなしです」とアピールしている。

■放送情報
MBS:毎週日曜 深0:50〜(※第2話は深1:50〜)
TBS:毎週火曜 深1:28〜



関連写真

  • MBS・TBSほかで放送されている連続ドラマ『ホクサイと飯さえあれば』第2話より凪役を演じる桜田ひより (C)鈴木小波/講談社・「ホクサイと飯さえあれば」製作委員会・MBS
  • 連続ドラマ『ホクサイと飯さえあれば』第2話より桜田ひよりと上白石萌音 (C)鈴木小波/講談社・「ホクサイと飯さえあれば」製作委員会・MBS
  • 連続ドラマ『ホクサイと飯さえあれば』メインカット (C)鈴木小波/講談社・「ホクサイと飯さえあれば」製作委員会・MBS

オリコントピックス