• ホーム
  • 芸能
  • 倉科カナ&三浦翔平のウェディング写真公開 『奪い愛、冬』第2話

倉科カナ&三浦翔平のウェディング写真公開 『奪い愛、冬』第2話

 テレビ朝日系ドラマ『奪い愛、冬』(毎週金曜 後11:15〜深0:15※一部地域を除く)の第2話(27日放送)より、主人公・池内光(倉科カナ)と婚約者の康太(三浦翔平)がウェディング衣装に身を包んだシーン写真が公開された。

 同ドラマは、光を中心に、さまざまな登場人物たちが愛を奪い合うさまをスピーディーかつスリリングに描く“激しすぎる嫉妬と愛の物語”。第1話で康太からプロポーズされた光だったが、元カレ・信(大谷亮平)と偶然、再会し、心が大きく揺れ動いてしまう。

 康太のことを溺愛している母・美佐(榊原郁恵)は、光との結婚を猛烈に反対していたにもかかわらず、早くも第2話でゴールイン? そんな簡単に光と康太が結婚できるとは、なかなか思えないが…。台風の目の中にいるように、晴れやかな笑顔で写真に収まっている光と康太だが、2人の周りには不穏な空気が渦巻いている。

 光の元カレ・信には何やら秘密がありそうで…。夫に変な虫がつかないように目を光らせる信の妻・蘭(水野美紀)は、光に攻撃を仕掛けようとする気配でいっぱい。康太の母も光への嫌がらせを止める気がなさそうだし、康太を狙う同僚・秀子(秋元才加)も何か企んでいそう。

 光と康太のウェディング写真は正真正銘の“幸せの象徴”なのか。“嵐の前の静けさの象徴”なのか。予想のはるか斜め上を行く展開になりそうだ。



関連写真

  • 1月27日放送、テレビ朝日系ドラマ『奪い愛、冬』第2話より。光(倉科カナ)と康太(三浦翔平)のウエディング衣装を公開(C)テレビ朝日
  • この写真が意味するものとは!?(C)テレビ朝日

オリコントピックス