• ホーム
  • 芸能
  • 松たか子主演『カルテット』初回視聴率は9.8%

松たか子主演『カルテット』初回視聴率は9.8%

 女優の松たか子が主演するTBS系ドラマ『カルテット』(毎週火曜 後10:00)の第1話が17日放送され、初回平均視聴率が9.8%だったことがわかった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 同ドラマは、『Mother』『Woman』(日本テレビ)、『最高の離婚』(フジテレビ)などの脚本家・坂元裕二氏によるオリジナル作品。松のほか、満島ひかり、高橋一生、松田龍平らが演じる偶然出会った男女4人が軽井沢を舞台に“弦楽四重奏(カルテット)”を結成。しかしその偶然には大きな秘密が隠されていた…。松は第1ヴァイオリン、満島がチェロ、高橋がヴィオラ、松田が第2ヴァイオリンを担当しており、一から未経験の楽器を練習して臨んでいる。

 東京のカラオケボックスで出会った巻真紀(松)、別府司(松田)、世吹すずめ(満島)、家森諭高(高橋)は演奏者で、弦楽四重奏をやるために真紀と司は車で2人の待つ軽井沢の別荘にやってくる。ライブレストランで演奏しようという話になるが、その店では“余命9ヶ月”のピアニスト・ベンジャミン瀧田(イッセー尾形)がレギュラー演奏していた。そこで真紀は、突拍子もないことを言い出す…というストーリーが展開された。



タグ

オリコントピックス