• ホーム
  • 芸能
  • 大谷亮平、過去の恋愛争奪話に共演者ざわつく 脚本家も悪ノリ「作品に反映」

大谷亮平、過去の恋愛争奪話に共演者ざわつく 脚本家も悪ノリ「作品に反映」

 秋ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)でハイスペックイケメンを演じ、ネクストブレイクの筆頭株とされる俳優の大谷亮平(36)が16日、都内で行われたテレビ朝日系で放送される金曜ナイトドラマ『奪い愛、冬』(20日スタート、毎週金曜 後11:15※一部地域を除く)の記者発表会に出席した。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、脚本を放送作家の鈴木おさむ氏(44)が書き下ろす完全オリジナルドラマ。2016年版ドラマ『不機嫌な果実』(同局)のスタッフと新チームを結成し、タイトル通り“奪い合う”恋愛=“奪い愛”のドロドロしているけどキュンとする“道ならぬ恋愛”ドラマを送る。

 かつて韓国でも活躍した経験を持つ大谷は、脚本を読んで「韓国はいろんな人が絡み合った作品が多いですけど、それっぽいなというか、超えてきてるなって感じがすごくする」とドラマの濃密さを絶賛。

 さらに「1人の女性を奪い合い合うようなことなんて、ちっちゃい時とかたまにそういう状況があった」とぶっちゃけ、「大人になって女性を奪い合うのはこれほどすざましいものかと、こんなに崩れていくんだ」と話した。

 大谷に突然の告白に、妻役を演じる水野美紀(42)は「大谷さんが実生活で奪い合った話は、今度詳しく現場で聞きたいなと思います」と“恐妻”ぶりを発揮すると、鈴木氏も「大谷くんの話を聞いて後半の話変えなきゃなと思った」と悪ノリ。大谷は「言わなきゃよかった」と苦笑いを浮かべていた。

 イベントではドロドロの愛憎劇にかけ、ハート型のケーキをナイフでボロボロにするという過激な演出が行われ、主演の倉科カナ(29)、三浦翔平(28)はノリノリでケーキを破壊していた。



関連写真

  • 過去の恋愛争奪話を披露した大谷亮平 (C)ORICON NewS inc.
  • ハート型のケーキをナイフでボロボロにした(左から)大谷亮平、倉科カナ、三浦翔平、水野美紀
  • (左から)鈴木おさむ、大谷亮平、倉科カナ、三浦翔平、水野美紀 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『奪い愛、冬』の記者発表会に出席した(左から)鈴木おさむ、大谷亮平、倉科カナ、三浦翔平、水野美紀 (C)ORICON NewS inc.
  • ハート型のケーキをナイフでボロボロに=ドラマ『奪い愛、冬』の記者発表会 (C)ORICON NewS inc.
  • ハート型のケーキをナイフでボロボロに=ドラマ『奪い愛、冬』の記者発表会 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『奪い愛、冬』の記者発表会に出席した(左から)倉科カナ、三浦翔平 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『奪い愛、冬』の記者発表会に出席した倉科カナ (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『奪い愛、冬』の記者発表会に出席した三浦翔平 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『奪い愛、冬』の記者発表会に出席した水野美紀 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『奪い愛、冬』の記者発表会に出席した鈴木おさむ (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『奪い愛、冬』の記者発表会に出席した(左から)鈴木おさむ、大谷亮平、倉科カナ、三浦翔平、水野美紀 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『奪い愛、冬』の記者発表会に出席した倉科カナ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス