• ホーム
  • 芸能
  • 草なぎ剛主演『嘘の戦争』初回視聴率11.8%

草なぎ剛主演『嘘の戦争』初回視聴率11.8%

 元SMAP草なぎ剛が主演する関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『嘘の戦争』(毎週火曜 後9:00)第1話が10日放送され、平均視聴率が11.8%だったことが11日、明らかになった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。草なぎにとってSMAP解散後初の出演となる注目作品で2桁スタートを切った。

 同ドラマは、2015年に放送された同じく草なぎ主演『銭の戦争』のスタッフが再集結。幼い頃に家族を殺された主人公・浩一(草なぎ)が詐欺師となって事件関係者に積年の恨みを晴らそうとする復讐劇を描く。この他、藤木直人水原希子菊池風磨Sexy Zone)、マギー山本美月安田顕、大杉漣、市村正親らが脇を固める。

 第1話では、犯人の顔を見てしまった9歳の浩一が「犯人は父ではない、真犯人の顔を見た」と警察に繰り返し証言しても、信じてもらえず“嘘つき”と呼ばれ、親戚からも奇異な目で見られてしまう。やがて浩一はタイに渡り、名前を変え、偽の経歴を手に入れて、たぐい稀なる詐欺師となり、正真正銘の“嘘つき”に。しかし偶然にも記憶の中の真犯人“あざのある男”と再会したことで30年間眠っていた“怒り”を呼び覚まし、日本に帰国することを決心する…というストーリーが展開された。



オリコントピックス