• ホーム
  • 芸能
  • 高橋一生、『カルテット』共演者からの「女心がわかってる」評価に不服?

高橋一生、『カルテット』共演者からの「女心がわかってる」評価に不服?

 松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平――それぞれ実績のある俳優4人の共演が話題のTBS系ドラマ『カルテット』(17日スタート、毎週火曜 後10:00)の特別試写会が9日、都内で行われ、舞台あいさつに4人そろって登壇した。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、『Mother』『Woman』(日本テレビ)、『最高の離婚』(フジテレビ)などの脚本家・坂元裕二氏によるオリジナル作品。ある日、“偶然”出会った男女4人が、奇跡的にそれぞれヴァイオリン、チェロ、ヴィオラの奏者だったことから、“弦楽四重奏(カルテット)”を結成して、軽井沢を拠点に活動を始める。しかし、その“偶然”には、大きな秘密が隠されていた…というストーリー。

 松が第1ヴァイオリン、満島がチェロ、高橋がヴィオラ、松田が第2ヴァイオリンを担当。4人とも未経験の楽器を一から練習して、撮影に励んでいる。

 「せっかくなのでヴァイオリンを好きになれたら。まだ、ヴァイオリンが私を認めてくれてない感じですが」(松)、「すごく楽しいです。家に楽器を持ち帰って、話しかけたりしています。チェロは女性の体をモデルにしているというのでなでてみたり(笑)」(満島)と、女性陣が前向きなのに対して、男性陣は…。

 「皆でゴールしようね、と言っていたのに、ぶっちりぎで先にテープ切られそうなくらい、置いていかれている」(高橋)、「松さんが、メキメキ腕を上げていて、もう未経験者じゃないくらいうまくなっているのがプレッシャー、日々のストレスになっている」(松田)と、どちらかと言えば後ろ向き。特に、ヴァイオリンやチェロのようなわかりやすいメロディーを弾くことがないヴィオラの高橋は「卑屈になっています」と何度も口にしていた。

 そんな高橋に対して、満島は「女心をわかってお芝居しているんじゃないかと思うことがいっぱいある」とフォロー(?)。高橋が演じる家森諭高(ゆたか)は、道を聞かれただけの女性に別れ際にキスをしてしまうような男という設定だが、ほめ言葉として素直に受け取れないようで、「(撮影した芝居をチェックする)モニターを見ながら(満島と松が)『わかってやっているよね』とニヤニヤされると、『わかってないんだけどなぁ』といつも思う」と反論。蚊帳の外に置かれた松田が「僕も卑屈になりますね」と合いの手を入れて、笑いを誘っていた。

 第1話に登場する「唐揚げにレモンをかける/かけない」問題についての話題でも、松は「かけない派」、満島は「1個ずつ、食べる時にかけたい派」と自分の好みをはっきり言ったのに対し、高橋は「一緒に食べる人に合わせます」と回答。それを聞いた瞬間、松と満島は顔を見合わせ、「やっぱり、女心がわかっている〜」と大ウケ。話す順番が最後の松田はやりにくそうな顔でボソボソっと「人に任せます。どっちでもいい、こだわりない」と答えていた。



関連写真

  • 『カルテット』試写会に出席した高橋一生 (C)ORICON NewS inc.
  • 『カルテット』試写会に出席した(左から)高橋一生、松たか子、満島ひかり、松田龍平(楽器提供:日本ヴァイオリン) (C)ORICON NewS inc.
  • 『カルテット』試写会に出席した(左から)高橋一生、松たか子 (C)ORICON NewS inc.
  • 『カルテット』試写会に出席した(左から)満島ひかり、松田龍平 (C)ORICON NewS inc.
  • 『カルテット』試写会に出席した松たか子 (C)ORICON NewS inc.
  • 『カルテット』試写会に出席した満島ひかり (C)ORICON NewS inc.
  • 『カルテット』試写会に出席した松田龍平
  • 『カルテット』試写会に出席した高橋一生
  • 『カルテット』試写会に出席した満島ひかり
  • 『カルテット』試写会に出席した松田龍平
  • 『カルテット』試写会に出席した(左から)高橋一生、松たか子、満島ひかり (C)ORICON NewS inc.
タグ

オリコントピックス