• ホーム
  • 芸能
  • 役所広司、テレ東のドラマにゲスト出演「奇跡です」

役所広司、テレ東のドラマにゲスト出演「奇跡です」

 “脇役”として数多くのドラマ・映画に出演してきた遠藤憲一(55)、大杉漣(65)、田口トモロヲ(59)、寺島進(53)、松重豊(53)、光石研(55)(50音順)の6人が“主役”のテレビ東京系連続ドラマ『バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』(13日スタート、毎週金曜 深0:12※テレビ大阪は翌週月曜 深0:12)のゲスト出演者が発表された。第1話には、“主役”俳優の役所広司(61)が本人役で登場する。役所は自分のことはさて置き、「この6人が出演して面白くないドラマを作ることの方が難しい。とても楽しみです」とコメントを寄せている。

【写真】その他の写真を見る


 海外の動画配信サイトから大型ドラマのオファーを受け、役作りのため、シェアハウスで3ヶ月間の共同生活を送ることになった6人。実は10年前のとある仕事が原因で、各々に対してしこりが残っていた、というフィクションを交えながら、大型ドラマプロジェクトの秘密に巻き込まれていくというストーリー。

 役所のほかにも、第2話に荒川良々池松壮亮、第3話に山口紗弥加滝藤賢一がゲスト出演。濱谷晃一プロデューサーは「主演の6人とご一緒できることだけでも夢のようなのに、さらに豪華ゲストが次々と決まり、本当にテレビ東京の深夜ドラマなのだろうかと疑ってしまいます」と“自虐”というより“自画自賛”。

 「これも、ひとえに、6人のバイプレイヤーの皆さんの魅力の賜物だと思います。特に役所広司さんとはテレビ東京に勤めている限り、ドラマの現場でご一緒する機会はないと思っていたので、奇跡です」と、濱谷P。“主役”6人と共演したいという要望が「殺到」しており、4話以降も「信じがたい豪華キャストが出演予定」と話している。

 撮影を終えた山口は「私も22年この仕事をしていますが、現実か虚構かわからないという状況にここまで追い込まれたのは初めてかもしれません。光石さんが本番で『はいOK!』という声がかかった後に、『これ本番なの? 本番だったの?』とおっしゃっていて。みんなわけがわからないままやっているっていう不思議な雰囲気の現場でした」と伝えている。



関連写真

  • 1月13日スタート、テレビ東京系ドラマ24『バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』第1話にゲスト出演する役所広司
  • 1月13日スタート、テレビ東京系ドラマ24『バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』第3話にゲスト出演する山口紗弥加
  • 1月13日スタート、テレビ東京系ドラマ24『バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』第2話にゲスト出演する荒川良々
  • 1月13日スタート、テレビ東京系ドラマ24『バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』第2話にゲスト出演する池松壮亮
  • 1月13日スタート、テレビ東京系ドラマ24『バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』第3話にゲスト出演する滝藤賢一

オリコントピックス