• ホーム
  • 芸能
  • 吉田鋼太郎、黒木瞳とアドリブ合戦? 『東京センチメンタルSP』

吉田鋼太郎、黒木瞳とアドリブ合戦? 『東京センチメンタルSP』

 俳優の吉田鋼太郎が主演するテレビ東京系スペシャルドラマ『東京センチメンタル SP〜千住の恋〜』が3日(後11:30〜深0:55)に放送される。東京の下町を舞台に、吉田演じるバツ3独身の恋多き和菓子職人・久留里卓三が、毎回異なるヒロインに想いを寄せ、街ぶらデートし、酒を飲み、うまい飯を食い、そしてフラれる…ちょっぴり切なくて、ノスタルジックな気分に浸れる大人のラブストーリー。今回、卓三が恋するマドンナ・藤原美奈子役で黒木瞳が出演する。

 2014 年の年末特別ドラマとして始まり、2016 年1月期にドラマ24 枠で連続ドラマ化。その「惚れやすさ」と「実らなさ」から“現代版・寅さん”のような完全オリジナル脚本のドラマに、吉田をはじめ、高畑充希片桐仁小栗旬らがレギュラー出演し、好評を博した。

 今回の恋愛テーマは「ケンカから始まる恋」。卓三の1番目の妻との息子・正弘(福士誠治)が現れ、「近々結婚するので、相手の女性と食事をして欲しい」と誘われる。食事会の当日、正弘の婚約者・留美(鈴木杏)を紹介されるが、同席するはずの彼女の叔母・美奈子がなかなか現れない。

 ようやくをやって来た美奈子をひと目見て、「叔母の概念を崩された…」と心の中で呟いた卓三。ところが、。卓三の話した内容に美奈子が食って掛かり、二人はヒートアップ。初対面なのに完全に言い合いのケンカに発展してしまう。出会いは最悪。だが、運命は2人を放っておかなかった。一筋縄ではいかない相手に恋多き卓三はいかにして手をつなぎキスをするのか。アラフィフ独身女性の真剣な悩みを織り交ぜながらテンポよく展開していく。

 黒木は吉田との初共演を「一度共演したいと思っていた俳優でしたが、想像以上にすてな方でした。何度も結婚されていて男性としても魅力的な方だと思います。実際一緒に芝居しても自然体で違和感がないというか、公私ともにやんちゃでとてもキュートな方でした」と、楽しんだ様子。

 吉田も「黒木さんとの撮影はいままでの『東京センチメンタル』にないアドリブ合戦のようになっていて、これまでとテイストの違ったものになるのではないかという予感がしています。黒木さんと一緒にお芝居をすることでコミカルでありながらもしっとりとした胸に迫るようなものが撮れていると思うので楽しみにしていただきたいです」と語っていた。

 下町の実在の店を舞台にしている点も見どころのひとつ。卓三の含蓄ある街紹介と合わせて下町の魅力を再発見する楽しみもある。



関連写真

  • 1月3日放送、テレビ東京系『東京センチメンタル SP〜千住の恋〜』主演の吉田鋼太郎とマドンナ役の黒木瞳(C)テレビ東京
  • 黒木瞳が演じる美奈子の職業はアパレルのバイヤー。少しとんがった衣装にも注目(C)テレビ東京

オリコントピックス