• ホーム
  • 芸能
  • 【べっぴんさん】芳根・谷村・百田・土村、晴れ着姿で新年のあいさつ

【べっぴんさん】芳根・谷村・百田・土村、晴れ着姿で新年のあいさつ

 NHKで放送中の連続テレビ小説『べっぴんさん』(月〜土 前8:00)。神戸を舞台に、戦後、べビーと子ども用品の専門店・キアリスを立ち上げたヒロイン・すみれとその仲間たちの物語は、4日から後半へ。お正月にふさわしい晴れ着姿でかしこまったヒロイン・坂東すみれ役の芳根京子、仲間の小野明美役・谷村美月、小澤良子役・百田夏菜子、村田君枝役・土村芳の4人から、新年のメッセージが到着した。

▽芳根京子
 「坂東すみれとして毎日、豪華な共演者の皆さんと大阪で撮影していることがうれしくて、幸せです。途中、余裕のない時期もありましたが、収録が後半に差しかかかったいま、改めてぜいたくな時間を過ごしていると感じていますし、大きなやりがいにつながって
います。2017年は、2016年を超えられる年にしたいです。これまで昨年ほど祝福をいただいた年はありませんでしたが、むしろここから始まるんだ!という思いで成長していきたいです」

▽谷村美月
 「2016年はお仕事のほうは充実していましたが、プライベートがなかなか無かったように感じた年だったので、今年はプライベートもたっぷり、充実を感じられるような、そんな年にしたいです」

▽百田夏菜子
 「いまは『夏菜子ちゃん』より『良子ちゃん』と呼ばれることのほうが多い気がして、これまで声をかけられなかった世代の方々から反響をいただけるので素直にうれしいです。改めて連続テレビ小説の影響力を知り、その現場に立っているありがたみを感じています。自分の気持ちや周りに見えるものが“変わってきた”と実感しているので、得たものを大事にしつつ、2017年に生かせたらいいなと思います」

▽土村芳
 「『べっぴんさん』に参加してたくさんのすてきな人たちに出会えたことがうれしかったです。初めての“朝ドラ”に不安もありましたが、いまはこの作品を支えるスタッフの皆さんや共演者の皆さんの中に私も一員としていられる事が幸せです。(2017年は)自分に合う運動を見つけたい!」

 物語の後半は、べビーと子ども用品の専門店・キアリスの拡大と思春期を迎えた娘・さくらのはざまで悩むすみれ、さくらが出会う新たな登場人物、意外なかたちで再登場する栄輔と、後半も新しい別品ドラマが次々と展開していく。



関連写真

  • 連続テレビ小説『べっぴんさん』メインキャスト4人から新年のあいさつ(左から)土村芳、谷村美月、芳根京子、百田夏菜子(C)NHK
  • 1月4日から放送再開、第14週「新春、想いあらたに」(76回)より(C)NHK

オリコントピックス