• ホーム
  • 芸能
  • 漫画家・うすた京介氏、ドラマ初出演 “大ファン”エレカシ宮本の主演作

漫画家・うすた京介氏、ドラマ初出演 “大ファン”エレカシ宮本の主演作

 人気ギャグ漫画『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』『ピューと吹く!ジャガー』で知られる漫画家・うすた京介氏が25日に放送されるフジテレビ系単発ドラマ『俺のセンセイ』(深1:00)でドラマ初出演することがわかった。来年デビュー30周年を迎えるロックバンド・エレファントカシマシのボーカル・宮本浩次(50)のドラマ初主演作となっており、うすた氏は「エレカシさんが昔からすごく好きなので、宮本さんに会いたい一心で今回の出演のオファーを受けさせていただきました」と夢の共演が実現した。

 同ドラマは現在新聞社に勤める小島聡一郎さん(26)による『フジテレビヤングシナリオ大賞』の大賞受賞作。宮本演じるかつて売れっ子だった中年漫画家、西虎太郎(46)が今では生活に困窮するようになり、渋々ながら若き天才美人漫画家・郡司すみれ(石橋杏奈)のアシスタントとして働き、一発逆転を目指す物語。

 うすた氏が演じるのは虎太郎とすみれが二人で語り合う重要なシーンで舞台となる寿司屋の大将役。「初めてのドラマはめちゃくちゃ緊張しました。短いせりふなのに全然出てこなくて…なるべく僕の部分は見なかったことに(笑)」と恐縮。「動きだけは寿司屋の大将っぽくしようと頑張りました」とそのなりきりぶりに注目だ。

 “漫画家”の姿を描いた作品となるが「虎太郎ほど破天荒な人は実際にはなかなかいないのかもしれませんが、ギャグ作家としてはあれくらい破天荒キャラでいたいなと憧れますね」と印象を語り、「こっそり背景に漫画のキャラクターが隠れていたりもするので、そのあたりも楽しんでいただければと思います」と見どころをアピールしている。



関連写真

  • 12月25日放送、第28回フジテレビヤングシナリオ大賞『俺のセンセイ』に出演する漫画家・うすた京介氏
  • 寿司職人役で寿司屋のカウンターに立つうすた京介氏

オリコントピックス