• ホーム
  • 映画
  • ファンキー加藤、映画初主演の重圧明かす「荷が重かった」

ファンキー加藤、映画初主演の重圧明かす「荷が重かった」

 歌手のファンキー加藤が15日、都内で行われた映画『サブイボマスク』DVD&ブルーレイ発売記念トークショーに出席。会場に集まったファンから「加藤ー!」「笑え!」「表情硬いよ」と声援が飛び交い、熱く歓迎された。

今年6月に公開された同作で映画初主演を務め、主題歌も担当した加藤は、オファーを受けた当初は「断ろうと思っていた。未知の世界で、荷が重かった」と当時の重圧を告白。撮影初日に「これは楽しいことになりそうだとワクワクした」と前向きになり、「最終的には引き受けてよかったと思いました」と実感を込めた。

 同作は、持ち前の熱意と自身が作った応援歌で寂れてしまった地元商店街を立て直そうとする青年の奮闘を描いたコメディー。門馬直人氏が監督を務め、平愛梨らが共演している。



関連写真

  • 映画『サブイボマスク』DVD&ブルーレイ発売記念トークショーに出席したファンキー加藤 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『サブイボマスク』DVD&ブルーレイ発売記念トークショーに出席した(左から)ファンキー加藤、門馬直人監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス