• ホーム
  • 映画
  • ベン・アフレック、新作で肉体改造&シラット習得 『ザ・コンサルタント』予告編

ベン・アフレック、新作で肉体改造&シラット習得 『ザ・コンサルタント』予告編

 俳優のベン・アフレックが主演する映画『ザ・コンサルタント』(2017年1月21日公開)の日本版オリジナル予告編が15日、解禁された。インドネシアの伝統的な格闘術・シラットを習得して撮影に臨んだアフレックが、ほぼスタントなしで挑んだアクションシーンが収められている。

 昼は田舎の冴えない会計士の仮面をかぶり、夜は裏社会の掃除屋として巨悪に対峙する謎の男クリスチャン・ウルフ(アフレック)。完璧主義者で天才的頭脳を持ち、さらに年収1000万ドル、本籍不明。謎が深まるその正体に、マフィアたちだけでなく、アメリカ政府犯罪捜査課レイ・キング(J.K.シモンズ)らまでもが混乱の渦に落とされていく。

 同作の撮影は『バットマン vs スーパーマン』のクランクアップ直後に行われ、アフレックは自身が演じたバットマンの強靭な肉体に加え、しなやかに素早く動くクリスを演じるため、より実践的な肉体改造を行った。

 特殊部隊やアメリカ海兵隊でも取り入れられているシラットのトレーニングを数ヶ月積み、アフレックは「トレーニングはとても激しく、ほぼすべてのスタントを自分でこなすのは大変だったけれど、きちんとできたときは美しく優雅でもあった。それが残酷なシーンであってもね」と語っている。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス