• ホーム
  • 芸能
  • 石田ゆり子&大谷亮平、開催中ラスコー展で『逃げ恥』ロケ 恋愛模様に新展開

石田ゆり子&大谷亮平、開催中ラスコー展で『逃げ恥』ロケ 恋愛模様に新展開

 女優の石田ゆり子と俳優の大谷亮平が、出演中のTBS系連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(毎週火曜 後10:00)第10話で、東京・上野の国立科学博物館で開催されている『世界遺産 ラスコー展』をロケ地として訪れる。

【写真】その他の写真を見る


 海野つなみ氏による同名コミックを原作に、「職ナシ」「彼氏ナシ」「居場所ナシ」の主人公・森山みくり(新垣結衣)が、恋愛経験のない独身サラリーマン・津崎平匡(星野源)と契約結婚しながら同居生活を送るラブコメディー。同枠ドラマの歴代最高視聴率を更新し続ける好調ぶりをみせている。

 ドラマも終盤に近づき、大きなみどころとなってきているのが徐々に距離が縮まってきたみくりの叔母・百合(石田)と平匡の同僚・風見(大谷)の関係。前回9話では百合が風見の前で涙を流したことをきっかけに、互いを意識し始めたが…。

 第10話では、風見は熱烈なアプローチをしてくる超ポジティブOLの奈(内田理央)と、百合は同級生でシングルファーザーの田島(岡田浩暉)とそれぞれが別の相手と一緒にいたところ、偶然にもラスコー展の会場で遭遇してしまう・・・という展開。大人のデートスポットを舞台に4人が繰り広げる恋愛模様にも注目だ。



関連写真

  • 石田ゆり子&大谷亮平、開催中ラスコー展で『逃げ恥』ロケ (C)TBS
  • 開催中のラスコー展で『逃げ恥』ロケ (C)TBS
  • 開催中のラスコー展で『逃げ恥』ロケ (C)TBS

オリコントピックス