• ホーム
  • 芸能
  • 日9『大貧乏』小雪をとりまく男性キャスト決定 成田凌、WEST神山、滝藤賢一、奥田瑛二ら

日9『大貧乏』小雪をとりまく男性キャスト決定 成田凌、WEST神山、滝藤賢一、奥田瑛二ら

 女優の小雪が主演する来年1月8日スタートのフジテレビ系連続ドラマ『大貧乏』(毎週日曜 後9:00)の追加キャストが発表され、成田凌ジャニーズWEST神山智洋滝藤賢一奥田瑛二らバラエティーに富んだ俳優陣が起用された。同ドラマは小雪演じるシングルマザーの七草ゆず子が勤めていた会社が倒産し、“大貧乏”に転落したところから、突然現れたエリート弁護士・柿原(伊藤淳史)とともに会社の倒産の秘密に迫っていく完全オリジナルのヒューマン・コメディー。

【写真】その他の写真を見る


 成田が演じるのはゆず子の勤めていた人材派遣会社、ディメンションズ・オブ・ヒューマニティ(DOH)の入社3年目の社員で敏腕営業マン・加瀬春木(かせ・はるき)。若くして人間の嫌な部分を知り尽くしたストリートワイズな若者でDOHにある思いを秘めており、ゆず子と柿原と共に、DOHの倒産の裏を探ることとなる。神山は柿原法律事務所の勤勉真面目な新人弁護士・木暮祐人(こぐれ・ゆうと)として、柿原と丁々発止のやりとりをみせドラマのコミカルパートを担う。

 DOH倒産をめぐって次々と襲いかかる波乱の展開の鍵をにぎる経理部長の浅岡礼司(あさおか・れいじ)を演じる滝藤は物静かで穏やか、部下にも敬語で接する紳士的な上司だがDOH設立の内情を知る数少ない社員の一人であり、どこか影のある人物を熱演。奥田演じるDOH代表取締役社長の天満利章(てんま・としあき)はシングルマザーのゆず子が働きやすい環境を整えてくれた“恩人”だが、ある事件をきっかけに、DOHの破産を宣告することとなり、失意のどん底に陥ることになる…という役どころだ。

 成田は「役としては、どこかつかめない緊張感や親近感が出せればと思っています」と展望し、物語に笑いの要素をプラスする神山は「できることを精一杯やって、スパイスの一つになれたら」と今から気合十分。“カメレオン俳優”として活躍の幅を広げている滝藤は「今年40歳になり、新しい年を迎え初めて参加させていただく、私にとって記念すべき作品。そのドラマの題名が『大貧乏』…私の私生活を予兆していないことを祈ります…」と冗談めかしつつ「座長の小雪さんを中心に、一丸となって痛快なドラマを日曜日の夜に皆様にお届けできるよう頑張ります!」と意気込んでいる。

 演出家の顔も持つ奥田は「このお話をいただいた時、迷うことなくYES、OKをだしていました。理由を聞かれてもこれといったものはないんですが、あえて言うなら直感でしょうか」と即決。「年頭から『大貧乏』を掲げる縁起のよさ! それと、まだ一度も共演のない小雪さん。今から静かにワクワクしております。話の展開の中で自分の役がどう転がりどう表現するのか、これには自身、強くワクワクしています。つまり静かに強くでしょうか」と期待を込めている。



関連写真

  • 来年1月8日スタートのフジテレビ系連続ドラマ『大貧乏』(毎週日曜 後9:00)に出演する成田凌
  • 来年1月8日スタートのフジテレビ系連続ドラマ『大貧乏』(毎週日曜 後9:00)に出演する滝藤賢一
  • 来年1月8日スタートのフジテレビ系連続ドラマ『大貧乏』(毎週日曜 後9:00)に出演する奥田瑛二

オリコントピックス