• ホーム
  • 芸能
  • 鈴木亮平、吉高主演『タラレバ娘』出演 朝ドラ“花アン”夫婦が再共演

鈴木亮平、吉高主演『タラレバ娘』出演 朝ドラ“花アン”夫婦が再共演

 俳優の鈴木亮平(33)が来年1月スタートの吉高由里子(28)主演日本テレビ系連続ドラマ『東京タラレバ娘』(毎週水曜 後10:00)に出演することがわかった。吉高にとってNHK連続テレビ小説『花子とアン』以来2年ぶりのドラマ出演となる今回、『花アン』で夫婦を演じた鈴木と再共演。このほか女優の榮倉奈々(28)、大島優子(28)、俳優の坂口健太郎(25)らも追加キャストとして発表された。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは漫画家・東村アキコ氏による累計発行部数180万部を突破した人気コミック(講談社『Kiss』で連載中)を実写化。吉高演じる“独身、彼氏ナシ、仕事もイマイチ”という主人公・倫子らアラサー女子3人“タラレバ娘”たちの奮闘を痛快に描いていく。

 吉高演じる倫子の高校時代からの親友で、ネイリストの山川香役に榮倉、同じく倫子の親友で居酒屋『呑んべえ』の看板娘・鳥居小雪役を大島、倫子たちを叱咤する新鋭気鋭のモデル・KEY役に坂口、かつて倫子にフラれたドラマプロデューサー・早坂哲朗役を鈴木がそれぞれ演じる。

 鈴木は「女子会のネタとして大いに盛り上がってもらえるような、そんなドラマにできたらと思っています。撮影が今から楽しみです。僕も、美味しいつまみの一品になれるよう、精一杯早坂さんとして生きてみたいと思います」と意気込み。

 吉高・榮倉・大島ら“タラレバ娘”に厳しい言葉を浴びせる金髪イケメン年下男子という変わった役どころに挑戦する坂口は「30代の心をズバッと突く言葉が多い役ですが、冷たそうに見えながらも、愛しく、そしてかっこよく、そう思ってもらえるような役にしたいと思います」と展望している。

 加藤正俊プロデューサーは「全員が主人公と言っていいぐらい、どの役も大切なので、配役にはこだわりました。このような素敵なキャストの方々に演じていただけることになり、どんな形に仕上がるのか今からワクワクしています。吉高さん、榮倉さん、大島さん、3人が繰り広げるリアルな『女子会』にもぜひご期待ください」とアピールしている。



関連写真

  • 朝ドラ“花アン”夫婦が再共演!連続ドラマ『東京タラレバ娘』に出演する(左から)吉高由里子、鈴木亮平 (C)日本テレビ
  • 連続ドラマ『東京タラレバ娘』に出演する坂口健太郎(C)日本テレビ
  • 連続ドラマ『東京タラレバ娘』に出演する(左から)榮倉奈々、吉高由里子、大島優子 (C)日本テレビ
  • 連続ドラマ『東京タラレバ娘』に出演する鈴木亮平(C)日本テレビ

オリコントピックス