• ホーム
  • 芸能
  • 成宮寛貴、“夢のスター”織田裕二と初共演に感激 『IQ246』で頭脳対決

成宮寛貴、“夢のスター”織田裕二と初共演に感激 『IQ246』で頭脳対決

 俳優の成宮寛貴が、11月13日放送のTBS系連続ドラマ『IQ246〜華麗なる事件簿〜』(毎週日曜 後9:00)第5話にゲスト出演することがわかった。“子供の頃から見ていたスター”だという主演の織田裕二と初共演を果たした成宮は「最初にお会いした時に、『織田さん』と呼ぶのが不思議な感じで、芸能界に入って一番最初に会った時の緊張する感じというか夢のスターに会ったという感覚に今回、自分がなって驚いています」と感激している。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、織田が演じるやんごとなき貴族の末裔でIQ246という異能を持った天才・法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく)が、世にはびこる難事件を華麗に解決していくミステリー作品。第5話では成宮演じる新進気鋭のアーティスト・千代能光一(ちよのこういち)と頭脳合戦の火花を散らす。

 ある日、沙羅駆はアートギャラリーのプレオープニングセレモニーで千代能と出会う。千代能はアートユニットを組んでいたパートナーの番田要(ばんだかなめ/矢本悠馬)と共にオープニングセレモニーのアート演出を手掛けていたが、セレモニーの最中、沙羅駆や千代能の目の前で番田が突然、転落死するという事件が発生する。

 織田は成宮の印象について「彼が演じている千代能という役を通して見える成宮さんがどういう人なのかは徐々に分かってきた感じで、凄く目力と、ナイーブさと気持ちを大事に紡いでいく人なんだと分かりました」とコメント。一方、成宮は「今回の織田さんはキャラクターをとても作り込んでいるので、織田さんのパッと放つセリフのタイミングをきちんと逃さないでキャッチするよう緊張しながら演じています」と感想を明かした。

 執拗に千代能と接触していく沙羅駆のかけひきも見どころとなり、成宮は「僕はアーティスト役なので、現代アートの表現などが盛り込まれているのですが、トリックも複雑なのでその辺りも楽しみに見てください」と期待をあおっている。



関連写真

  • TBS系連続ドラマ『IQ246』に主演する織田裕二とゲスト出演する成宮寛貴(右) (C)TBS
  • TBS系連続ドラマ『IQ246』で初共演を果たす(左から)織田裕二、成宮寛貴 (C)TBS

オリコントピックス