• ホーム
  • 芸能
  • 仮面ライダースペクターが主役のスピンオフVシネマ制作決定

仮面ライダースペクターが主役のスピンオフVシネマ制作決定

 25日にテレビ朝日系で最終回が放送された『仮面ライダーゴースト』のその後を描くスピンオフ作品がVシネマで制作されることになった。ゴーストと共に戦った深海マコト(山本涼介)こと“仮面ライダースペクター”を主人公に、最終回で眼魔(ガンマ)の世界に旅立ったマコトとアランたちの物語を描く。Vシネマ『ゴーストRE:BIRTH 仮面ライダースペクター』は、来年4月19日よりBlu-ray&DVDが発売される。

 ヒーローは1度死んで蘇る。ゴースト(おばけ)で仮面ライダーという斬新な設定と、世のため人のため、そして自分の命を取り戻すために切ない運命を背負って戦い、人気を博した仮面ライダーゴースト。

 そのゴーストと共に戦った仮面ライダースペクター。Vシネマ『ゴーストRE:BIRTH〜』では、テレビシリーズでは語り尽くせなかったマコトとアランの出会いから友情が結ばれるエピソードと、もう1人のマコトに繋がる、マコトとカノンの秘密が明らかになる。

 初回生産限定版には、ファン必携のオリジナルキャラボイス入り「DXシンスペクターゴーストアイコン」が付いてくる。



オリコントピックス