• ホーム
  • 映画
  • 夏木マリ、“女に目覚めた映画”の魅力を熱弁 大人のラブストーリー『男と女』

夏木マリ、“女に目覚めた映画”の魅力を熱弁 大人のラブストーリー『男と女』

 女優の夏木マリが6日、在日フランス大使館で行われた映画『男と女』製作50周年記念関連イベント合同記者発表会に出席。美しい音楽にのせて大人のラブストーリーが描かれる同作について、改めて「私が女として目覚めた映画」と魅力を語った。

【写真】その他の写真を見る


 歌手の野宮真貴も登場し、同作でヒロインを演じたアヌーク・エーメについて「もう歳は彼女より上なのにかっこいい女性として憧れる」と語ると、夏木も「フランスって、歳を重ねれば重ねるほどブラボーと言われる。うらやましい」と話していた。

 『男と女』は、スタントマンの夫と死別した脚本家アンヌと、妻に自殺されたカーレーサーのジャン・ルイによる大人のラブストーリー。イベントでは、製作50周年を記念して開催されるデジタル・リマスター版の上映や、シネマ・コンサートなどが紹介されたほか、野宮が「ダバダバダ…」のスキャットで有名な映画の主題歌に訳詞がされた「男と女」のカバーを歌唱した。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • “女に目覚めた映画”の魅力を熱弁した夏木マリ (C)ORICON NewS inc.
  • 野宮真貴 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『男と女』製作50周年記念関連イベント合同記者発表会に出席した(左から)野宮真貴、夏木マリ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『男と女』製作50周年記念関連イベント合同記者発表会に出席した(左から)野宮真貴、夏木マリ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス