• ホーム
  • 芸能
  • 『好きな人がいること』三浦翔平&野村周平が副音声に登場

『好きな人がいること』三浦翔平&野村周平が副音声に登場

 15日放送のフジテレビ系ドラマ『好きな人がいること』(毎週月曜 後9:00)の第6話で、副音声企画が再び実施されることになった。第4話で行われた副音声企画では、野村周平浜野謙太、マイアミDが登場したが、今回は、第5話でヒロインを思いっきり振った長男・千秋役の三浦翔平と、三男・冬真役の野村の2人に決定した。

 副音声の最大の魅力は、一緒に観ている感覚になれること。撮影現場でも本物の兄弟のような仲の良さをみせている2人から一体どんなウラ話が聴けるのか?

 第6話では、千秋への思いをあきらめざるを得なくなった美咲(桐谷美玲)は、次男の夏向(山崎賢人)に「俺がそばにいてやる」と抱きしめられ、動揺。ところが、夏向と旧知のレストランプロデューサー、大橋尚美(池端レイナ)が現れて…。



関連写真

  • 8月15日放送、フジテレビ系ドラマ『好きな人がいること』第6話の副音声に登場する三浦翔平(奥)と野村周平(手前)
  • 8月15日放送、フジテレビ系ドラマ『好きな人がいること』第6話の副音声に登場する三浦翔平(奥)と野村周平(手前)

オリコントピックス