• ホーム
  • 映画
  • 沢口靖子、9年ぶり映画出演「気負いなく臨めた」

沢口靖子、9年ぶり映画出演「気負いなく臨めた」

 女優の沢口靖子(51)が3日、都内で行われた映画『校庭に東風(こち)吹いて』(9月17日公開)完成披露試写会に出席。同作で9年ぶりに映画出演を果たした沢口は「気負いなく臨むことができた。子どもたちが大勢出てきていたので、のびのびした空気のなかで演じられました」と充実感をにじませた。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、柴垣文子氏の小説を実写化したヒューマンドラマ。家では話せるのに学校では無言になる場面緘黙(かんもく)症の女児と貧困に苦しむ男児に寄り添おうとする、小学校教師の姿を描く。

 テレビ朝日系『科捜研の女』シリーズで知られる沢口は、「いつもは事件で犯人を追いかけているので厳しい表情をしていることが多いですが、この作品のなかでは小学校3年生のかわいい子どもたちを前に笑顔でいられました」と、にっこり。

 元阪神タイガースの嶋尾康史も出演し、「子どもたちと一緒にお芝居ができて、純粋に白いボールを追いかけていた頃を思い出しました」と話していた。

 そのほか、金田敬監督、岩崎未来、仁科貴、本間淳史、柊子、脚本の長津晴子氏、桂壮三郎プロデューサーが出席した。



関連写真

  • 映画『校庭に東風(こち)吹いて』で9年ぶりに映画出演する沢口靖子 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)沢口、岩崎未来(子役)、金田敬監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 嶋尾康史 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『校庭に東風(こち)吹いて』完成披露試写会に出席した岩崎未来 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス