• ホーム
  • 芸能
  • 大野拓朗、主演ドラマでの葛藤振り返り号泣「大変だった」

大野拓朗、主演ドラマでの葛藤振り返り号泣「大変だった」

 俳優の大野拓朗が3日、都内で行われたNHK終戦企画ドラマ『ラスト・アタック〜引き裂かれた島の記憶』会見に出席した。沖縄に実在した日本軍の将校・飯井敏雄さん役で主演した大野は、初めて完成作を鑑賞し「沖縄ではず〜っと悩んでいて。生きてていいのかとか、守るってなんだろうとか。それがこうして完成したのを観ると感無量です」と大粒の涙をこぼした。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマでは沖縄戦のさなか全島民が降伏し、突然の平和が訪れた伊平屋島で正体を隠し潜んでいた飯井さんが米兵2人と不思議な友情を育み、島民とのふれあいで心を動かされていくも玉音放送後の特攻“ラストアタック”によって、全てが引き裂かれてしまう…という実話を綿密な取材をもとに、ドキュメンタリータッチで描いていく。

 実際に伊平屋島での撮影では葛藤を繰り返していたという大野が「大変だった」とハンカチで涙をぬぐう隣で、飯井をあたたかく見守る区長・東江慶栄を演じた竹中直人は「私は沖縄に遊びに行った感じ。なにをしたのか覚えてない」とお気楽にコメント。「僕はなにも大変じゃなかった、すいません」と言い切って笑いを誘った。

 飯井さんを演じるにあたって、中学以来の丸刈りで「ほかの仕事のつながりもあったけど、坊主にするしかないと。改めて気が引き締まりましたし精神的にも助けられた」と並々ならぬ思いで挑んだという大野。

 「僕も一応坊主です」と茶化した竹中だったが「いい役者さんに出会えてよかった。またいつかご一緒できたら」と再共演を望まれ、大野は何度も頭を下げて恐縮しきりだった。

 15日、BSプレミアムで午後9時より放送。



関連写真

  • 主演ドラマでの葛藤を振り返り号泣した大野拓朗 (C)ORICON NewS inc.
  • 大粒の涙を流した大野拓朗 (C)ORICON NewS inc.
  • 大野拓朗を絶賛した竹中直人 (C)ORICON NewS inc.
  • 涙をハンカチで拭う場面も=NHK終戦企画ドラマ『ラスト・アタック〜引き裂かれた島の記憶』会見 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK終戦企画ドラマ『ラスト・アタック〜引き裂かれた島の記憶』会見に出席した大野拓朗 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK終戦企画ドラマ『ラスト・アタック〜引き裂かれた島の記憶』会見に出席した(左から)大野拓朗、竹中直人 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス