• ホーム
  • 映画
  • りゅうちぇる、ドッキリを常に警戒「カメラを探すことが癖になってる」

りゅうちぇる、ドッキリを常に警戒「カメラを探すことが癖になってる」

 モデルでタレントのぺこりゅうちぇるが21日、都内で行われた映画『スーサイド・スクワッド』(9月10日公開)キックオフイベントに出席。同作が世界中で最も知られているスーパーヒーローのバットマンやスーパーマンによって投獄された悪役(ヴィラン)たちが主役であることにちなみ、りゅうちぇるはジョーカー、ぺこはハーレイ・クインに扮して登場した。

【写真】その他の写真を見る


 りゅうちぇるは、同作のヴィランの1人が臆病な性格なことにちなみ、自身が怖いことを問われると「よくドッキリを仕掛けられるんですけど、まず部屋に入る瞬間、カメラを探すことが癖になってる」と告白。バラエティ番組で数々のドッキリを仕掛けられ「カメラを見つけちゃうくらい、何が起きるんだろうって本当に怖くなります」とビビりまくっていた。

 同作は、バットマンらに捕まり、死刑や終身刑の判決をくらった悪役たちが主人公。世界崩壊の危機に、政府は服役中の悪党たちによる寄せ集め特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成した。そんな彼らの戦う理由は、正義のため、愛する人や世界を守るため…ではなく、自分の刑を軽くしたい、ただ暴れるのが好きという個人的なこと。従来のヒーロー映画の方程式が全く通用しない、掟破りの悪党たちが大暴れをみせる。




関連写真

  • ジョーカーコスプレで登場したりゅうちぇる (C)ORICON NewS inc.
  • ハーレイ・クインコスプレで登場したぺこ (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)ぺこ、りゅうちぇる (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス