• ホーム
  • 芸能
  • 中谷美紀主演『模倣犯』初ドラマ化 初めてのテレ東作品「光栄です」

中谷美紀主演『模倣犯』初ドラマ化 初めてのテレ東作品「光栄です」

 女優の中谷美紀が、テレビ東京のドラマスペシャル『模倣犯』に主演することが決まった。人気作家・宮部みゆき氏の代表作のひとつで、2002年に公開された映画『模倣犯』(主演は中居正広)以来、14年ぶりの映像化でテレビドラマ化は初となる。中谷が同局のドラマ作品に出演するも初めて。中谷は「満を持してですね」と声をかけられると、「そう言っていただけるのがうれしいと同時に、いままでご縁がなかったことが不思議な気持ちです」とニッコリ、微笑んだ。

 今回の作品は、テレビ東京が今年、新本社へ移転することを記念した「六本木3丁目移転プロジェクト」のドラマスペシャル第1弾。「本社の移転といえば、とても大きな節目。そのようなタイミングでお声がけいただけたことをこの上なく光栄に思います」。

 そういう中谷も個人事務所の設立という節目を超えて、間もなく1年。「宮部みゆきさんの作品に出演させていただくことも今回が初めて。このような出会いにも恵まれ、チャレンジすることが許され、好きな仕事ができているのは本当にありがたいことだと思っています」と、噛みしめるように語った。

 原作は、“劇場型犯罪”を描いた現代ミステリーの金字塔とも言われる。未曽有の連続誘拐殺人事件をめぐり、被害者家族、加害者家族、警察、マスコミ、そして犯人と、多くの視点から重層的に見つめた構成でミステリーファンを魅了し続けている。

 中谷も十数年前、「2、3日で読破した」といい、「宮部さんは、人間の美しい部分も醜い部分も見事に表現されるので、読んでいて、連続殺人事件の真相をのぞき見したがっている自分の嫌な部分を突きつけられる気がします」と意気込んだ。

 ドラマでは、中谷が演じるルポライター・前畑滋子を主人公に、連続誘拐殺人事件の第一発見者・塚田真一や、被害者家族の有馬義男と関わり、事件の全貌に迫っていく。

「事件が起こったときのテレビの視聴者だったり、新聞や雑誌の読者の方々に一番目線が近い存在が、滋子なのではないかと…。彼女自身も、決して一流のライターではなくて、半ばアルバイト感覚でライターをしている主婦で、一念発起して(映画化もされた)『エリン・ブロコビッチ』のように何かをなそうとするけれど、根底にあるのは人の心理を追求し、読者に伝えたいという文筆家としての思いであり、悪く言えば野次馬根性。それは私の中にもあるものですし、視聴者の皆さんにも共感していただけるキャラクターにしたいと思っています」。

 滋子は、事件にとっては第三者である一方、ルポライターとして関わることに苦悩するようになり、やがて追い詰められていく。恐ろしい犯罪と立ち向かわざるを得なくなった時、人はいかにふるまい、どう、それを乗り越えていくのか。彼女の主軸に物語を編み直した時に見えてくるものとは?

 「この作品のもっとも愛すべきところは、凄惨な事件が繰り広げられるけれど一方で、市井のこつこつと生きている人々の日常をものすごくいとおしく描いているところ。そんな日常の尊さをお伝えできたらいいなと思っています」。



オリコントピックス