• ホーム
  • 映画
  • 美空ひばり主演映画9作品を配信『悲しき口笛』『伊豆の踊子』など

美空ひばり主演映画9作品を配信『悲しき口笛』『伊豆の踊子』など

 6月24日は、昭和を代表する大スター、美空ひばりさんの命日だった。1989(平成元)年に52歳の若さでこの世を去ったひばりさん。9歳からプロ歌手となり、戦後の日本人を歌で励ます一方で、映画女優としても活躍した。そんなひばりさんが子役時代から青春期までに主演した松竹映画9作品が配信サービス「Hulu」で視聴可能となった。

 配信作品の中で特筆すべきは、自身初の主演作『悲しき口笛』(1949年、家城巳代治監督)。敗戦の混乱が残る世の中で、 精一杯明るさを装い、けなげに明日を信じる少女を熱演し、人々に希望を与えた。1937年生まれのひばりさんは、当時、弱冠12歳。初主演にも関わらず、せりふを全部頭に入れて、現場で台本を開かなかったことで周囲を驚かせたという。映画も主題歌も、あれよあれよという間に大ヒットし、彼女を一気にスターダムにのし上げた。

 その人気を不動のものとしたのが、『東京キッド』(1950年、斎藤寅次郎監督)。アメリカから帰国してすぐ撮影に入った作品で、アメリカの靴磨きの少年の服装を真似た、チェック柄のハンチングを斜めにかぶり、服装はオーバーオールを採り入れたスタイルは当時としては斬新だった。同名主題歌も大ヒットした。

 後に多くの女優・俳優によって何度も映像化される川端康成原作の『伊豆の踊子』(1954年、野村芳太郎監督)にも主演している。当時17歳のひばりさんは、共演者の石浜朗さんと恋の噂になるほどに。この作品は、演技をしない普段のひばりを撮るために、わざと遠くから撮影したり、気付かれないうちに、表情をたくさん撮影して良いところを編集するといった工夫がなされた。そのため、ほかの作品でみせるひばりさんとは少し違った表情がたくさん観られる作品に仕上がっている。

 ほかに、『あの丘越えて』(1951年、瑞穂春海監督)、『鞍馬天狗・角兵衛獅子』(1951年、大曾根辰夫監督)、『陽氣な渡り鳥』(1952年、佐々木康が監督)、『ひばり姫 初夢道中』(1952年、大曾根辰夫監督)、『七変化狸御殿』(1954年、大曾根辰夫監督)、『お嬢さん社長』(1953年、川島雄三監督)を配信中。



関連写真

  • 『悲しき口笛』1949年
  • 『東京キッド』1950年
  • 『伊豆の踊子』1954年

オリコントピックス