• ホーム
  • 芸能
  • 内藤理沙、ゴスロリ衣装に初挑戦「まさか27歳にして…」

内藤理沙、ゴスロリ衣装に初挑戦「まさか27歳にして…」

 女優の内藤理沙が、テレビ朝日系ドラマ『グ・ラ・メ!〜総理の料理番〜』(7月22日スタート、毎週金曜 後11:15※一部地域で放送時間が異なる)の劇中で着用するゴスロリ(ゴシック・アンド・ロリータ)衣装を披露した。「人生初の“ゴスロリ衣装”です。まさか27歳にしてゴスロリを着ることになるとは!」と本人もびっくりだ。

【写真】その他の写真を見る


 女優の剛力彩芽が演じる天才女性シェフ・一木くるみが“総理大臣の料理番”となり、その料理の腕で数々の要人・政治家たちを虜にしていくグルメドラマ。内藤は総理大臣・阿藤一郎(小日向文世)のひとり娘、理子を演じる。

 小日向と初顔合わせを済ませた後、内藤は「『真田丸』を見ていたので『秀吉だー! 本物だ!』って(笑)。そんな方がお父さん役なんてすごい!って感動してしまいました」と大興奮。「本当に同じ方なのかな?と思うくらい、毎回作品によって雰囲気も違う小日向さんと一緒にお芝居ができることがとてもうれしいです。近くでたくさん勉強させていただきたいと思います」と意気込みを新たにしていた。

 両親の離婚以来、父ひとり、娘ひとりで暮らしてきたが、一郎が総理大臣となり、理子は事実上、ファーストレディ的立場から父をサポートすることに。家の内外を問わずロリータ・ファッションに身を包み、物語の序盤では謎多き存在だが、阿藤総理の政治にどのように関わり、くるみたちとどのような関係になっていくのか、次第に明らかになっていく。

 内藤は「総理と一緒に公の場に出るときにも、この格好のまま出るのか、はたまた普通の洋服になるのか…どちらになるのかわたし自身も楽しみにしているんです! こういう衣装って高いんですって…!(笑)。そのあたりにも注目してくださいね」とアピールしていた。



関連写真

  • 7月22日スタート、テレビ朝日系『グ・ラ・メ!〜総理の料理番〜』で内藤理沙がゴスロリ姿に初挑戦(C)テレビ朝日
  • まさか27歳にして…!(C)テレビ朝日
  • こういう衣装って高いんですって…!(C)テレビ朝日
  • 7月22日スタート、テレビ朝日系『グ・ラ・メ!〜総理の料理番〜』で内藤理沙がゴスロリ姿に初挑戦(C)テレビ朝日

オリコントピックス