• ホーム
  • 芸能
  • 清原果耶、民放連ドラ初レギュラー 松井珠理奈の妹役「もっと姉妹感を出せるように」

清原果耶、民放連ドラ初レギュラー 松井珠理奈の妹役「もっと姉妹感を出せるように」

 女優の清原果耶(14)が、7月13日スタートのTBS系“テッペン!水ドラ!!”枠『死幣』(毎週水曜 深0:10)で、民放連ドラ初レギュラーを務めることがわかった。NHK連続テレビ小説『あさが来た』ではヒロイン姉妹の奉公人役で脚光を浴びた清原だが、今回はSKE48松井珠理奈(19)演じる主人公、南由夏の妹・南小夢役に起用された。「長い期間、同じ役を演じられるので、それだけでやる気がわいてきます。小夢になりきって、最後まで演じられたらいいな」と意気込んでいる。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、手にしたものは必ず死ぬという呪われた1万円札=死幣(しへい)を巡るホラーサスペンス。清原が演じる小夢は大の怪談好きで「呪いのお金=死幣」の怪談を由夏に教えるが、その後、実際に由夏の周りで起こる「死幣」の呪いに巻き込まれていく。普段は姉の由夏にちょっかいをだすかわいらしい妹という役どころだ。

 初共演となる松井について清原は「いつもニコニコしていて、朗らかな雰囲気の方です」と印象を語り、「リハーサルを重ねて本番ではもっと姉妹感を出せるように頑張りたいと思っています」と張り切る。初対面の際、清原を「同い年ぐらいなのかなって思っていた」という松井は「14歳という年齢を聞いてとても驚きました。自分もSKE48に小6で入ったときに、小学生に見えないと驚かれていたので、今やっとその気持ちが理解できた気がします」と話す。

 そんな松井は「私は一人っ子なのですが、AKB48グループの中で年長になってきて、後輩たちはみんな妹みたいな感覚なんです。由夏の小夢に対する気持ちと、私のAKB48グループの後輩に対する気持ちは似ているなと感じました」としみじみ。

 「自分の中にあるお姉ちゃん的な部分と、実際にお姉ちゃんがいる果耶ちゃんの妹的な部分がうまく合わさったようで、初めてお会いして台本の読み合わせあわせをしたときもすごく仲良くなれた気がしました」と喜び、「果耶ちゃんが演じる小夢と姉妹という関係にまったく違和感がなかった」と手応えを明かしていた。



関連写真

  • TBS系ドラマ『死幣』主演の松井珠理奈(左)と民放連ドラ初レギュラーの清原果耶 (C)TBS
  • 早くも姉妹?(左から松井珠理奈、清原果耶) (C)TBS
  • TBS系“テッペン!水ドラ!!”枠『死幣』で民放連ドラ初レギュラーを務める清原果耶(C)TBS
  • TBS系“テッペン!水ドラ!!”枠『死幣』で民放連ドラ初レギュラーを務める清原果耶(C)TBS

オリコントピックス