• ホーム
  • 映画
  • 桐谷健太、初の実写アフレコで「関西弁封印」

桐谷健太、初の実写アフレコで「関西弁封印」

 俳優の桐谷健太が19日、都内で行われた映画『ターザン:REBORN』(7月30日公開)の公開アフレコ収録イベントに登場。自身初となる実写版映画のアフレコに臨んだ感想を語った。

 同映画で主人公ターザンの日本語吹き替え版声優を務める桐谷。従来のイメージを覆す“英国貴族のイケメンすぎるターザン”という役どころを演じたが、「感情を出す間が普段の演技と違っていたり、今まで味わったことのない表現方法で非常に難しかったですが、とても面白かったです」と収録を振り返り「非常に俳優として勉強になりました」と充実感をにじませた。

 また、「普段は関西弁なのですが、『ジャングルちゃうんかい!』ってターザンが関西弁だったらおかしいですからね(笑)出ちゃった場合は、監督からもちろんご指摘いただいて、撮りなおしました」と“初体験”ならではの意外なエピソードも飛び出した。

 演出担当の羽多野千賀子氏からは「今回のターザンは非常に難しいキャラクター。感情を抑えた口調の中に熱い部分を込めなきゃならない中、桐谷さんは真正面から逃げずに挑戦してくれた」と太鼓判。しかし、自己評価を聞かれた桐谷は「自分自身は100点…というか100%出し切りました!でも、点数は観てくれる人が決めてくれることですからね」と謙そん気味に自身の演技を振り返っていた。

 同作は、これまでの『ターザン』のストーリーとは一線を画した、全てを手に入れた男が、愛するものを救うためジャングルに戻るという真逆のオリジナルストーリーで描かれている。ターザンを演じるのは、映画『バトルシップ』に出演した、194センチの恵まれた肢体を持つ北欧美男アレクサンダー・スカルスガルド。『ハリー・ポッター』シリーズ後期4作品を手がけたデイヴィッド・イエーツが監督を務めている。



関連写真

  • 『ターザン:REBORN』の公開アフレコ収録イベントに登場した桐谷健太
  • アフレコに臨む桐谷健太

オリコントピックス