• ホーム
  • 映画
  • 山崎賢人、告白を冷たく一蹴 最強の“ドS名言”披露

山崎賢人、告白を冷たく一蹴 最強の“ドS名言”披露

 女優の二階堂ふみ、俳優の山崎賢人がW主演する映画『オオカミ少女と黒王子』(公開中)の本編映像が3日、到着した。同作で数々の“ドSセリフ”を披露してきた山崎だが、二階堂演じるエリカから告白されるシーンでも、原作漫画のファンから愛されている“名言”を披露している。

 同作は、八田鮎子氏の少女漫画を実写化。二階堂が恋愛経験ゼロの女子高生・エリカ、山崎が学校一モテるが実はドS王子の男子高校生・恭也を演じている。5月28日から全国286スクリーンで公開され、土日2日間で19万2506人を動員、興行収入2億3362万円を記録。『ズートピア』に続く、初登場2位の好スタートを切った。

 解禁されたのは、自分の気持ちに気づいたエリカ(二階堂)が恭也(山崎)に告白をするシーン。エリカは「犬は嫌だ。恭也君のことが好きだから。本気で好きになっちゃったから」と自分の思いを打ち明けるが、「それ、勘違いだから」と恭也は冷たく一蹴し、「今までに男と一回も付き合ったことないよな。それなのに恋人ごっことか慣れないことやってるから、勘違いして盛り上がってるだけだから」と追い打ちをかける。

 それでもエリカは引き下がらずに告白の返答を迫ると、恭也は「俺の事考えて日々悶々と過ごせ。楽しみだな〜これから!」と、“名言”を言い放っている。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス