• ホーム
  • 芸能
  • 志田未来、“もう一人のとと姉ちゃん”として朝ドラ初出演 奥貫薫、佐藤仁美も登場

志田未来、“もう一人のとと姉ちゃん”として朝ドラ初出演 奥貫薫、佐藤仁美も登場

 女優の志田未来(23)が、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(月〜金 前8:00 総合ほか)に出演することが27日、明らかになった。子役から活躍している志田だが、意外にも連続テレビ小説は初出演。ヒロイン・小橋常子(高畑充希)の人生に大きな影響を与える不良少女「お竜」こと田所竜子を演じる。彼女はとても貧しい家の出で、常子と同じように弟や妹たちの面倒を見る、「もう一人のとと姉ちゃん」だ。

 第11 週、6月14日放送の第62回から登場予定。常子がタイピストの同僚と行ったビアホールで出会い、ピンチを救う。その後、戦時中の東京で再会。常子が戦後「女性のための雑誌」をつくり出そうと考えるきっかけを与える。制作統括の落合将氏は「志田さんの意思の強い演技でドラマに花を添えて」と期待を寄せる。

 ほかに、唐沢寿明が演じる天才編集者・花山伊佐次の妻・花山三枝子に奥貫薫が決定。第15週、7月11日(第85回)から登場予定となっている。

 第16週、7月19日(第92回)からカフェ「浪漫」の店員・梢(こずえ)役で登場するのは佐藤仁美。戦争未亡人で、子どもを養うために働いており、『あなたの暮し』創刊第1号の取材がきっかけで常子たちと懇意になり、のちに“読者”代表として、さまざまな特集記事を手伝うことになる。



関連写真

  • 志田未来が初朝ドラ。NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』出演決定
  • 花山伊佐次の妻・花山三枝子役で出演する奥貫薫
  • カフェ「浪漫」の店員・梢(こずえ)役に決まった佐藤仁美

オリコントピックス