• ホーム
  • 芸能
  • 三浦春馬、“3度目”大河出演 高橋一生は5度目の起用

三浦春馬、“3度目”大河出演 高橋一生は5度目の起用

 来年1月スタートのNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の新たな出演者が26日、発表された。主人公・井伊直虎演(柴咲コウ)の幼なじみで戦国の荒波に翻弄される井伊直親役に三浦春馬、小野政次役に高橋一生が起用され、この日東京・渋谷の同局で発表会見に出席した。

【写真】その他の写真を見る


 物語の主人公は、戦国時代に男の名で家督を継いだ「おんな城主」。戦のたびに当主を殺され、ただひとり残された姫が、「直虎」と勇ましい名を名乗って遠江(とおとうみ、静岡県西部)井伊家の当主となり、乱世に立ち向かった波瀾万丈な生涯を描く。

 今回で3度目(『武蔵』『功名が辻』)の大河出演となる三浦は、直虎の原動力となる許嫁の井伊直親(亀之丞)。高橋は、二人とともに幼なじみとして育ち、のちの井伊家筆頭家老となる小野政次(鶴丸)という、物語の鍵を握るキーパーソンとして5度目(『元禄繚乱』『新選組!』『風林火山』『軍師官兵衛』)の出演を果たす。

 三浦は「成人してから大河ドラマにお世話になるのはすごくありがたいこと。子役時代にお世話になった分、この作品に貢献できるよう精進してまいります」と気持ちを新たに。高橋は「大河ドラマは1年間撮影をしますので、役に寄り添える時間が長く、貴重な経験をさせていただいております」と感謝を込めつつ、「幼年期を経て20歳くらいから自分の身体で演じますが、童顔の35歳なので、シワが目立たないように20歳に説得力をもてるようにしたい」と笑わせた。

 制作統括の岡本幸江氏は「直虎の生涯を決めたのはこの人(直親)。憧れで初恋のモチベーションのもととなる人物。そういった期待を実現させてくれるすてきな実力のある若手俳優さんでは三浦さんが一番」と三浦のキャスティングに太鼓判。高橋については「政次は難しい政治的な立場をとらざるをえず、口で言うことと腹の中で思っていることが違うような役柄。高橋さんとは10代の頃からご一緒させていただいておりますが、今まさに、次々と違う顔をみせてくれている」と起用理由を説明した。

 直虎の生涯には“4人の男”の存在があると言われており、岡本氏はそのうちの3人が、直親と政次、そして今回大河初出演となる柳楽優弥演じる盗賊団のかしら・龍雲丸であると明言。果たして、残りの1人は誰なのか。4人がどのように直虎に影響を及ぼしていくのかも、みどころとなる。



関連写真

  • 2017年NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』に出演が決まった(左から)三浦春馬、高橋一生 (C)ORICON NewS inc.
  • (前列左から)貫地谷しほり、三浦春馬、柴咲コウ、杉本哲太、財前直見、(後列左から)ムロツヨシ、柳楽優弥、高橋一生、小林薫、前田吟 (C)ORICON NewS inc.
  • 2017年NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』に出演が決まった高橋一生 (C)ORICON NewS inc.
  • 2017年NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で主演を務める柴咲コウ (C)ORICON NewS inc.
  • 2017年NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』に出演が決まった杉本哲太 (C)ORICON NewS inc.
  • 2017年NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』に出演が決まった財前直見 (C)ORICON NewS inc.
  • 2017年NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』に出演が決まった三浦春馬 (C)ORICON NewS inc.
  • 2017年NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』に出演が決まったムロツヨシ (C)ORICON NewS inc.
  • 17年NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』に出演が決まった柳楽優弥 (C)ORICON NewS inc.
  • 2017年NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』に出演が決まった小林薫 (C)ORICON NewS inc.
  • 2017年NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』に出演が決まった前田吟 (C)ORICON NewS inc.
  • 2017年NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』に出演が決まった(左から)三浦春馬、高橋一生、柴咲コウ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス