• ホーム
  • 芸能
  • アントニオ猪木、その場オファーで『月曜名作劇場』急きょ出演「元気があればドラマにも出演できる!」

アントニオ猪木、その場オファーで『月曜名作劇場』急きょ出演「元気があればドラマにも出演できる!」

 元プロレスラーで参議院議員のアントニオ猪木が、30日に放送される俳優・片岡鶴太郎主演のTBS系2時間ドラマ月曜名作劇場『温泉殺人事件シリーズ 有馬温泉殺人事件』(毎週月曜 後9:00)に友情出演することがわかった。ロケ先である有馬温泉の旅館に偶然宿泊していた猪木をスタッフが発見、その笑顔に魅せられて出演オファーするとなんと快諾。本人役で登場することとなり猪木は「元気ですかー! 元気があればドラマにも出演できる!」と大喜びでコメントを寄せた。

 同作は片岡鶴太郎演じる主人公の警視庁捜査一課の警部・志垣良雄が、部下の刑事・和久井一郎(浅利陽介)と訪れる温泉地で殺人事件に巻き込まれ、二人で解決するストーリー。月曜名作劇場の新シリーズ作品となる。旅館の玄関で猪木を見かけた志垣(片岡)と和久井(浅利)が声をかけ、あいさつするというシーンに出演した。

 もともと面識があったが、撮影現場での片岡との再会に大いに驚いた猪木は「鶴太郎さん主演の新作ドラマの撮影と聞き、ふしぎなご縁を感じます。どのような映像が流れるのか、放送を楽しみにしています」と心待ちに。一方、片岡は「新シリーズの第一作に猪木さんにご出演いただき、たいへん光栄です。全身に感じるオーラはさすが。記念になるシーンが撮影できました。新シリーズが幸先のよい船出ができるようでうれしく思います」と喜んでいた。



オリコントピックス