佐藤健、猫よりNG多く謝罪「勝てない」

 俳優の佐藤健(27)が14日、都内で行われた映画『世界から猫が消えたなら』初日舞台あいさつに出席。同作に出演した猫のパンプも登場すると、永井聡監督(45)から「パンプより健くんの方がNGを出していた」と暴露され、「すみません。僕がどんな芝居をしても、チェックをしに行ってもみんなパンプしか見ていない。猫には勝てないですね」と苦笑した。

【写真】その他の写真を見る


 慣れた様子でパンプを抱きかかえていた佐藤は「パンプは優秀、いい子。大御所っていう感じ」といい、「共演者がパンプ、もしくは自分が続いていて、孤独ななかの唯一の癒やしだった」と優しく撫でていた。

 同作は、川村元気氏の小説を映画化。余命宣告された主人公が、悪魔と取引して世の中から一つ何かを消すことで一日の命を得るという不思議な物語を紡いでいく。そのほか、宮崎あおい(30)、濱田岳(27)、奥田瑛二(66)、原田美枝子(57)が出席した。

 舞台あいさつは上映後に行われ、感動の余韻が続くなか登場した佐藤は「異様な雰囲気ですね。いつも少しはキャーみたいな(歓声が)あるんですが、一人もいなかったですね。初めてです」と驚いていた。



関連写真

  • 猫よりNGが多かったことを謝罪した佐藤健 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)永井聡監督、濱田岳、宮崎あおい、佐藤健、原田美枝子、奥田瑛二 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『世界から猫が消えたなら』初日舞台あいさつに出席した佐藤健 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『世界から猫が消えたなら』初日舞台あいさつに出席した宮崎あおい (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス