• ホーム
  • 芸能
  • 藤原竜也が人生を乗っ取られる “どん底”主人公に挑戦「期待して」

藤原竜也が人生を乗っ取られる “どん底”主人公に挑戦「期待して」

 俳優の藤原竜也が7月より放送される日本テレビ系連続ドラマ『そして誰もいなくなった』(毎週日曜 後10:30)に主演することが、わかった。ある日、現れた自分の“偽物”に順風満帆だった人生を乗っ取られるという“どん底”主人公に挑戦。予測不可能な本格サスペンスを繰り広げる。

 大手コンピューターシステム開発会社の優秀なシステム開発の研究員・藤堂新一(藤原)は容姿端麗、頭脳明晰、家族や友人、恋人にも恵まれ、幸せな毎日を送っていたが、別人である同姓同名の男“藤堂新一”が婦女暴行で逮捕されたことをきっかけに、すべての歯車が一気に狂い始めるというストーリー。

 ドラマ『左目探偵EYE』、『ダンダリン 労働基準監督官』などを手がけた秦建日子氏によるオリジナル脚本で映画『カイジ』シリーズ、『ST 赤と白の捜査ファイル』で藤原とタッグを組んだ佐藤東弥氏が演出を担当する。

 突如現れた、偽者に人生を丸ごと乗っ取られ、不可解な事件の数々に襲われる新一。そんな彼の親友でエリート官僚の小山内保に俳優・玉山鉄二、女手一つで新一を育てた心優しき母親・藤堂万紀子に女優・黒木瞳が起用された。新一を心配し、支えようとするこの2人にも“裏の顔”が見られ、登場人物、全員容疑者!?と疑ってしまうほど、スリリングな展開が話題を呼びそうだ。

 藤原は「ある時、“名前”や個人情報が乗っ取られて、自分の存在がなくなり、まわりの人、母親や親友までも疑ってしまっていくのですが、そこからどう『自分を取り戻していくのか』といった設定の役になります」と捉え「ストーリーが非常に面白く、楽しみながらしっかりと作っていけば、視聴者の方に届くのではないかと思っています。豪華なメンバーで楽しいドラマを作っていけるよう臨んで参りますので、是非期待していてください」と自信を込めている。



オリコントピックス