• ホーム
  • 映画
  • 関ジャニ∞・安田、GWの思い出は“草っぱら”?「懐かしい」

関ジャニ∞・安田、GWの思い出は“草っぱら”?「懐かしい」

 狂言師の野村萬斎関ジャニ∞安田章大が29日、都内で行われた映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』初日舞台あいさつに出席した。

【写真】その他の写真を見る


 きょうからスタートしたGW(ゴールデンウィーク)にかけ、昔のGWの思い出を聞かれた安田は、最近は「ありがたいことにライブに立つことがある」というが、「昔、お父さんお母さんと一緒に動物園行った記憶あるがある。草っぱらで食べたお母さんが作ったおにぎりの味と、草っぱらのにおいと…」と回想。隣にいた萬斎は“草っぱら”に反応し、「すごい表現」と苦笑すると、安田も慌てて「あ、草原という意味です。その時の写真が残っていて、懐かしい思い出」と言い直した。

 同映画は、物や場所に残った人間の記憶や感情“残留思念”を読むことができる元・お笑い芸人の仙石和彦(萬斎)と、口の悪い仙石の元相方・丸山竜司(雨上がり決死隊・宮迫博之)の異色コンビが事件解決に奔走するストーリー。安田は警視庁捜査一課の若手エリート刑事・佐々部悟役を演じている。

 安田は物語の鍵を握る重要な役どころを演じ、「すごく光栄」と喜び。役作りについては「変態的な役をやらせていただいた」と明かした。

 そのほか女優の杉咲花ちすん金子修介監督も登壇した。



関連写真

  • 映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』初日舞台あいさつに出席した(左から)金子修介監督、杉咲花、野村萬斎、ちすん (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』初日舞台あいさつに出席した野村萬斎 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』初日舞台あいさつに出席した(左から)野村萬斎、ちすん (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』初日舞台あいさつに出席した(左から)金子修介監督、杉咲花 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス