• ホーム
  • 映画
  • 【沖縄国際映画祭】蛭子能収、映画初主演に恐縮「本当に申し訳ない」

【沖縄国際映画祭】蛭子能収、映画初主演に恐縮「本当に申し訳ない」

 漫画家でタレントの蛭子能収が23日、沖縄・那覇を中心に開催されている『島ぜんぶでおーきな祭 第8回沖縄国際映画祭』で、『任侠野郎』(6月4日公開)の舞台あいさつに出席。同作で長編映画初主演を務めた蛭子は「話がきたからやりましたけれど、主演するタイプじゃない。本当に申し訳ないと思っています」と恐縮した。

【写真】その他の写真を見る


 役作りをしなかったどころか、「監督さんの言われるままに演じた。全部お任せ。だいたい俺はほかの仕事でもとにかく上の人の言う通り」と頭をかき、徳永清孝監督から「自分の役名も覚えていなかった」と暴露されて照れ笑い。

 司会には「高倉健さんみたいだった」と褒められ、さらに共演の橋本マナミから「かっこよかった」と感想を伝えられると、赤面しつつもデレデレで喜んでいた。

 同作は、『HK/変態仮面』などの福田雄一氏が脚本を担当。出所を機に極道の世界から距離を置いていた義理と人情に厚いヤクザが、戦いの世界に巻き込まれるさまを描く。



関連写真

  • 映画『任侠野郎』で主演を務める蛭子能収 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『任侠野郎』の舞台あいさつに出席した(左から)橋本マナミ、蛭子能収、徳永清孝監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『任侠野郎』の舞台あいさつに出席した橋本マナミ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス