• ホーム
  • 映画
  • 【沖縄国際映画祭】ファンキー加藤、体重激減させた初主演映画の苦悩を告白

【沖縄国際映画祭】ファンキー加藤、体重激減させた初主演映画の苦悩を告白

 歌手のファンキー加藤が22日、第8回沖縄国際映画祭で行われた初主演映画『サブイボマスク』の舞台あいさつに門馬直人監督とともに登壇。同作の初上映となったこの日、加藤は興奮気味にステージに立ち、観客の声援に応えた。

 同作は、シャッター商店街に笑顔を取り戻すために立ち上がるひとりの男が主人公。熱すぎる魂を持った男が、人々の笑顔と活気と生きる希望を歌で取り戻していく“人おこし”を描くハートフルコメディ。門馬監督は、演技経験のなかった加藤の起用について「日本を元気にしたいと思いました。その小さな一歩が街の商店街で、この映画でみんなを応援したい。応援といえば、加藤さん以外考えられなかった」と明かした。

 もとFUNKY MONKEY BABYSとして大人気を得ていた加藤だが、俳優としての映画出演は初めて。歌手と俳優の違いを「歌は聴いてくれる人たちに一生懸命想いを届けるんですけど一方通行的なところがあって、演技は相手がいて言葉のキャッチボールをする。そこが大きな違い。最初は緊張してぜんぜんダメでした」。そんな慣れない奮闘に加えて、常にカロリーの高い演技が必要な役どころであり、「撮影中、体重がどんどん減っていって。監督から『シーンがつながらなくなる』と注意を受けて、たくさん食べるようにして乗り切りました」と撮影裏を明かした。

 完成した映画を加藤は「人が生きていくうえで情熱が大切。ときには鬱陶しく思われがちですが、それがいろいろなことを巻き込んでいく力になる。この作品は、映画という応援ソングです」。門馬監督も「応援映画として届けたい。観た方がなにかひとつ始めてみようと思っていただければうれしいです。加藤さんの演技の見せ場もあるので期待してください」とアピールした。



関連写真

  • 『サブイボマスク』プレミア上映舞台あいさつに登壇したファンキー加藤と門馬直人監督(左)
  • ファンキー加藤

オリコントピックス