• ホーム
  • 映画
  • ハリポタ新章、最新予告編が公開 ダンブルドアとの関係が明らかに

ハリポタ新章、最新予告編が公開 ダンブルドアとの関係が明らかに

 大ヒット映画シリーズ「ハリー・ポッター」の5年ぶりの新作にして、原作者J.K.ローリング氏が描く新たな魔法の物語『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(11月23日公開)の最新予告編が11日、解禁された。

 本作の主人公は、ハリー・ポッターたちと同じ、あの魔法学校を卒業した魔法使いのニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)。誰よりも優秀だが、おっちょこちょいな魔法動物をこよなく愛する変わり者で、世界中の魔法動物を収集するために、どんなものでも入ってしまうという不思議な魔法のトランクを肌身離さず持っている。魔法動物を求めて世界を旅しているニュートがたどり着いたニューヨークを舞台に、逃がしてしまった魔法動物の追跡をめぐって、予期せぬ大冒険がはじまっていく…。

 到着した映像では、ハリーの先生として知られているダンブルドアとの関係の一部も明らかに。さらに、今までに一切姿を見せなかった魔法のトランクの中に潜む魔法動物が、本映像では、手と思われる一部分も確認できるほか、魔法のトランクの中に広がる空間に自ら入っていくニュートの姿も描かれており、物を入れるだけではない、無限の可能性を秘めた不思議なアイテムであることを期待させる。

 これまでのシリーズにも登場した、写真が動くおなじみの“魔法の新聞”なども登場し、映像の後半では、数々の魔法が使われるシーンがちりばめられ、これまでの世界観を引き継ぎながら新しい冒険を期待させる。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス