• ホーム
  • 芸能
  • ディーン・フジオカ、NHKドラマ初主演 寺尾聰と父子役

ディーン・フジオカ、NHKドラマ初主演 寺尾聰と父子役

 俳優のディーン・フジオカが、NHKの特集ドラマ『喧騒の街、静かな海』に主演することが30日、明らかになった。ブレイクのきっかけにもなった連続テレビ小説『あさが来た』と同じ大阪放送局が制作する本作は、写真家・藤原新也氏の短編を原案に、現代を切り取りながら、30年ぶりの親子の再会を描く人間ドラマ。同局のドラマ初主演のディーンと寺尾聰が、“父子”役で共演する。

 ディーンが演じる主人公はカメラマン。大阪の夜の街角で、少女たちから「地回り先生」と呼ばれ、行き場のない子どもたちの受け皿になろうとボランティア活動続ける初老の男に「あなたの活動を取材させてほしい」と近づく。初老の男は精神科医で、実は、主人公の父親。素性を隠して接近してきたのだ。

 30年前、主人公がまだ幼かった頃に家庭を捨てて出て行ってしまった父。その後、残された母は誰にも看取られず亡くなってしまう。大阪での30年ぶりの父子の再会は、父にとっては亡き妻の、息子にとっては亡き母へのしょく罪の旅の始まりでもあった。孤独を抱える一人の少女と向き合いながら、父子は自分たちの人生を生き直そうとする。

 共演は、和田正人市川由衣中村ゆり、水橋研二、三倉茉奈久保田紗友キムラ緑子ほか。演出は、『あさが来た』の西谷真一氏。放送は2016年度内を予定している。



オリコントピックス