• ホーム
  • 芸能
  • 村上弘明、清張作品の魅力は「原作者の願い・祈りが込められている」

村上弘明、清張作品の魅力は「原作者の願い・祈りが込められている」

 昨年、テレビ東京系で放送された『黒い画集‐草‐』に続き、村上弘明剛力彩芽陣内孝則のトリオ共演による松本清張原作、異色の医療サスペンス第2弾『喪失の儀礼』が、同局系で30日(後9:00)に放送される。

【写真】その他の写真を見る


 静岡県警の大塚京介(村上)と新人の田村美咲(剛力)が追っていた静岡・中伊豆の温泉旅館で起きた住田友好殺害事件と、東京・深大寺の公園で香原順治郎の遺体が発見された事件。被害者が同じ医療セミナーに出席していることがわかり、大塚はかつて合同捜査でコンビを組んだことがある警視庁の須田浩平(陣内)と情報交換しながら事件の真相に迫っていく。点と点だった2つの事件がつながっていく過程で、医師と医療機器メーカーの荒廃した癒着と、意外な愛憎関係のもつれが浮かび上がってくる。

 本作で、村上が演じる大塚は、捜査で気になる事があると、とことん調べたくなるため上司も手を焼いている静岡県警刑事課の刑事。陣内が演じる警視庁捜査一課の刑事・須田も協調性に著しく欠ける一匹狼で上層部から疎まれている存在。剛力が演じる美咲は大塚と須田の間に入り潤滑油になろうと腐心する。

 清張作品の魅力について、村上はこう語る。「松本清張の小説が、なぜ、いまだに多くの人に読まれ、いまだにドラマ化されるか。それは、普遍的なテーマを扱っているからだと思うんです。人の命を預かる病院や医師たちには医療技術はもちろんだけれど、高いモラルや人間的な心を持っていてほしい。警察は組織にとらわれず、犯人を捕まえるために徹底的に捜査をしてほしい、えん罪は起こさないでほしい。清張さんの願いというか、祈りというか、そういうものが込められていて、それが心に響く。原作は何十年も前に書かれたものですが、インターネットや携帯電話のない時代の足で稼ぐ捜査手法や大塚や須田のような風変わりな刑事が、いまの時代、かえって必要なんじゃないかと、参考になる清張作品だと思います」。

 剛力も「警察はこうあってほしい、こんな刑事さんがいたらすてきだな、そういうものを想像しながらお芝居していました」と話す。「上司に逆らってでも事件現場に足を運んで、ちゃんと自分の目で確認して、あきらめずに捜査を続ける。そういう刑事が一人でもいてくれたら、救われる人がいるかもしれない。そういうものをお芝居で見せられるのがうれしいですし、お芝居だからこそできることだと思いました」。

 今回のドラマの魅力について、陣内がまとめる。「原作自体は、非常にドロドロとした血なまぐさい復讐劇ですが、あえて警察・刑事の視点で新たなアレンジで見せている、新鮮な清張作品という感じがしています。そこが見どころでもあり面白味でもあります。ワクワクドキドキするようなミステリーになっていると思います」。



関連写真

  • テレビ東京系で3月30日放送、松本清張特別企画『喪失の儀礼』に出演する(左から)剛力彩芽、村上弘明、陣内孝則 (C)ORICON NewS inc.
  • 村上弘明 (C)ORICON NewS inc.
  • 剛力彩芽 (C)ORICON NewS inc.
  • テレビ東京系で3月30日放送、松本清張特別企画『喪失の儀礼』に出演する陣内孝則 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス