• ホーム
  • 映画
  • 綾野剛、小道具使い冒頭5分顔出さず 会場もざわつく

綾野剛、小道具使い冒頭5分顔出さず 会場もざわつく

 俳優・綾野剛、が26日、映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』初日舞台あいさつに登壇した。登場時から劇中に登場する小道具「ねこかんむり」を頭からかぶった綾野はそのままで進行。5分後、自己紹介時に「きょうは綾野剛という名前もありますのでとらせていただきます」とかんむりをはずして、したり顔を浮かべた。

【写真】その他の写真を見る


 鼻から上が全く見えない状態での登場に会場がざわつくと、岩井俊二監督は「綾野くんが急病でかわりにねこかんむりくんを用意しました」と苦笑。さらに「映画のなかに安室行舛(綾野)というなんでも屋が出てくるんですけど、なんでもやってくれる方なので」と、綾野に司会進行を依頼した。

 MCを任された綾野は主演の黒木華やミュージシャンのCoccoらに初日の感想などを質問。上映前であることから「言ったらダメなことが多すぎてなんて言っていいかわからない。うまいこと言わなきゃ…」と戸惑うCoccoに、綾野は「じゃあ、一人ずつうまいこと言っていってください」と無茶ぶりして笑わせていた。

 同作はネットの出合い系サイトをきっかけに結婚を決めた一人の女性が、変幻自在ななんでも屋や彼を通して知り合う謎めいた同居人など、いろいろな出会いと経験を通して生まれ変わっていく。

 主演の黒木は大ファンだった岩井監督の作品出演に「岩井さんが私のことを考えてくれると聞いていたので、最初は不安だったけど幸せな時間でしかなかった。その幸せな映画をたくさんの方に見てもらえて幸せの限界が来そう」とかみしめていた。



関連写真

  • 舞台あいさつで顔を隠した綾野剛 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台あいさつに出席した綾野剛 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台あいさつに出席した(左から)岩井俊二監督、綾野剛、黒木華 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台あいさつに出席した黒木華 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台あいさつに出席した岩井俊二監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台あいさつに出席したCocco (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス