• ホーム
  • 映画
  • 映画『ゴーストバスターズ』あのテーマ曲に乗って女性4人が大活躍

映画『ゴーストバスターズ』あのテーマ曲に乗って女性4人が大活躍

 新しいキャストを迎えて復活する映画『ゴーストバスターズ』(8月19日公開)の予告編が18日、公開された。米ニューヨークで幽霊退治を行うのは全員女性の新生ゴーストバスターズ。おそろいのつなぎ姿にゴースト捕獲装置“プロトンパック”を装着し、なんだか強そうな彼女たち。バックには1984年に初公開されたオリジナル版でレイ・パーカー・ジュニアがヒットさせたテーマ曲が流れ、おなじみの幽霊「スライマー」も登場。昔のファンにもしっかりアピールする。

 物語の舞台は、ニューヨーク。コロンビア大学の素粒子物理学博士エリン・ギルバート(クリステン・ウィグ)は、世界で初めて心霊現象を科学的に証明する研究を重ねていた。しかし、大学側に一方的に研究費を打ち切られてクビに。その知識と技術力を活かすため、“幽霊退治”を行う会社「ゴーストバスターズ」を起業する。

 予告編の冒頭では、お馴染みの「ノーゴースト(NO GHOST)」マークが地下鉄の駅の壁に。落書きのように描かれたマークはいったい誰が描いたものなのか? そして、これまで全員女性であること以外は謎に包まれていたゴーストバスターズの面々、主演のウィグ、メリッサ・マッカーシー、レスリー・ジョーンズ、ケイト・マッキノンが登場。

 バスターズが息を飲みながら最初に遭遇したのは美しいドレスの女のゴースト。思わず「どうも!」と作り笑いで声をかけると、ゴーストの口(くち)からは変なものをお見舞いされてしまう。そんな最初の幽霊退治を経て、彼女たちはゴースト捕獲装置プロトンパックを開発し、「ノーゴースト」のマーク入り専用車ECTO-1(エクトワン)も作り上げる。おそろいのつなぎ姿も板についてきたゴーストバスターズは、呼ばれれば夜な夜なECTO-1 をブッ飛ばして出動。なにやらイイ男(クリス・ヘムズワース)も入社して絶好調の彼女たちは、「仕事よ!」と気合いを入れて、青白く光るゴーストたちや緑色のスライマーの退治に奮闘していく。

 そんなバスターズの前に、史上最大のピンチが訪れる。ニューヨークのど真ん中、タイムズスクエアにかつてないほどのゴーストたちが集結したのだ。地上にも空中にも無数のゴーストたちであふれかえるタイムズスクエア。そんなゴーストたちに向けて、バスターズは「やっつけるわよ!」と背中に背負ったプロトンパックから赤いエネルギーを放出する。果たしてゴーストバスターズは、ニューヨークを救うことができるのか!?

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



タグ

オリコントピックス