• ホーム
  • 芸能
  • デニス植野、メキシコ人芸人役でドラマ出演「ラテンの血のテンションを見て」

デニス植野、メキシコ人芸人役でドラマ出演「ラテンの血のテンションを見て」

 ブラジル人とのハーフであるお笑いコンビ・デニス植野行雄が、読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ『マネーの天使 〜あなたのお金、取り戻します!〜』(毎週木曜 後11:59)11話で、メキシコ人芸人役を演じることがわかった。植野は「メキシコの帽子(ソンブレロ)をかぶった姿を見て、『あ、問題はないな』と思いました」と手応えはバッチリだ。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、身近に起こりうる金銭トラブルを小藪千豊演じるお人よしの茂と、メキシコ料理店店長の理佐(片瀬那奈)が、店内に設けた金銭トラブル窓口を舞台に解決していく物語。今回は、外国人であることを理由にギャラは後輩芸人の半分、お笑いコンテストに優勝しても賞金ももらえない、そんなピン芸人・ガルシアの悩みに2人が立ち向かう。

 植野は突然、一目惚れした理佐にプロポーズするというハイテンションな役柄に「僕は心が日本人というか控え目なんですけど、このドラマでメキシコではないけれど、ブラジル人の血を開放しました」と自信満々。「演じていて『あ、これは外国の血が出てんのかな』と。僕のラテンの血のテンションを見ていただければと思います」とアピールした。

 また、今回は若手俳優・上遠野太洸鈴木勝大がガルシアの後輩芸人コンビ・『アルミニウムゴーゴー』役に起用。人気はあるもののアイドルのような仕事ばかりさせられ、お笑いの仕事をやらせてもらえないという設定だが、鈴木は「最初に話を聞いた時はコントをやるシーンなどがあるのかとビビってました。でも役の設定が、一緒とまでは言わないものの、普段の僕らに近いものだったし、ネタのシーンもなかったので幸いでした」と安堵。

 一方、上遠野は「(ネタのシーンが)あればやってみたかったです。コメディー要素があるというのと、コントなどのネタをするシーンがあるというのは全く違う。チャレンジしてみたかったです」と意欲。実際にコンビを組むとしたら上遠野は「鈴木はボキャブラリーも豊富だし、ツッコミですね」といい、鈴木も「上遠野は少し天然が入っているのでボケです」と紹介していた。



関連写真

  • 読売テレビ・日本テレビ系プラチナイト 木曜ドラマ 『マネーの天使 〜あなたのお金、取り戻します!〜 』第11話に出演するデニス・植野行雄 (C)読売テレビ
  • 読売テレビ・日本テレビ系プラチナイト 木曜ドラマ 『マネーの天使 〜あなたのお金、取り戻します!〜 』第11話に出演する(左から)鈴木勝大、上遠野太洸(C)読売テレビ
  • 読売テレビ・日本テレビ系プラチナイト 木曜ドラマ 『マネーの天使 〜あなたのお金、取り戻します!〜 』第11話に出演する(左から)デニス・植野行雄と鈴木勝大、上遠野太洸(C)読売テレビ
  • 読売テレビ・日本テレビ系プラチナイト 木曜ドラマ 『マネーの天使 〜あなたのお金、取り戻します!〜 』第11話に出演する(左から)デニス・植野行雄と鈴木勝大、上遠野太洸(C)読売テレビ

オリコントピックス