• ホーム
  • 芸能
  • タッキー、早くも『鼠小僧』第三弾を熱望「またやりたい」

タッキー、早くも『鼠小僧』第三弾を熱望「またやりたい」

 タッキー&翼の滝沢秀明が8日、都内で行われた4月14日スタートのNHK連続ドラマ『鼠、江戸を疾る2』(毎週木曜 後8:00 ※全8回 総合)試写会後会見に出席した。滝沢は2014年の第一弾に続き、江戸後期を舞台に悪人から千両箱を盗んで貧民に分け与える“鼠小僧”を演じる。「自分的にも鼠に惚れたのでパート2ができてうれしい。撮影は終了しましたが気持ちは早くもパート3にいってます。とにかくまたやりたい」と第三弾を熱望した。

 前回の放送時にも、続編を望む声が数多く寄せられ実現。鼠小僧こと粋な江戸っ子「甘酒屋」次郎吉の妹・小袖役に青山美郷、岡っ引き・徳五郎に浸水する下っ引きの浅吉役に池田鉄洋ら新キャストも参加し、殺陣やアクションもパワーアップ。滝沢は「お子様が見ているという話も聞きまして、家族で見られる娯楽を提供できてうれしい。こういう作品は続けるべき」と訴えた。

 初時代劇に挑戦した青山も「私も3に出演したい。プロレスを見たり、家で殺陣の練習をしたり、日舞を続けたりしているので皆さんお力を貸してください」と初々しく呼びかけると、思わず滝沢もニコニコ。高嶋政宏は「次は映画がいいんじゃないかと思う。全国にキャンペーンとか、東名阪、博多にも行きたい!」とノリノリで提案していた。

 また、小袖に想いを寄せる米原広之進役の京本大我は事務所の先輩である滝沢について「忙しいのに撮影期間中にラーメンをごちそうしてくれた」と感謝。滝沢から「ステーキとかうそつけばいいじゃん」とツッコミをよそに「パート2では1の時よりちょこちょこ次郎吉と絡むので身近に滝沢さんを感じられた。『俺の背中を見ておけ』みたいな自然とついていきたくなる方」と尊敬のまなざしを送っていた。



関連写真

  • 滝沢秀明演じる次郎吉の妹・小袖を演じる青山美郷 (C)ORICON NewS inc.
  • 共演者(左から)高嶋政宏、池田鉄洋 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス