• ホーム
  • 映画
  • 武田鉄矢、橋本環奈に“贈る言葉”「いつか博多を旅立って」

武田鉄矢、橋本環奈に“贈る言葉”「いつか博多を旅立って」

 アイドルグループ・Rev.from DVL橋本環奈(17)が5日、都内で行われた映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』初日舞台あいさつに登壇した。共演した同郷の先輩、武田鉄矢(66)から公開初日を祝う“贈る言葉”として「冷たく聞こえるかもしれないけれど、いつか博多を旅立って東京で生きていく決心をしないと一人前になれない」と、女優として活躍するために上京を勧められた。

 撮影中から橋本を優しく見守っていた武田は「この映画で、アイドルとしてではなく女優として歩み始めた。九州の人はみんなが味わったことだけど、寂しさのなかから自分のクリエイティブを刺激していく。その足跡をたどってほしいと、同郷の一人の先輩として祈っています」とさらなる飛躍を願われ、橋本は真剣なまなざしで聞き入っていた。

 舞台あいさつでは、初主演映画の公開を祝い、橋本の両親からサプライズで寄せられた手紙が代読された。「あまり泣き顔を見せない環奈がクランクアップで泣いている姿を見せ、プレッシャーの1ヶ月だったと思います。女優としていいスタートを切れたこと、本当によかったね」と、一度も弱音を吐かず撮影に臨んだ橋本を労う言葉が綴られ、「この仕事を私が始めたいって言ったときも、反対せず応援してくれたのは両親だったし、映画のことも喜んでくれた。本当にありがたい」と感激していた。

 同作は、赤川次郎氏の小説を実写化した青春ムービー。ヤクザの組長をしていた過去を持つ女子高生が、友人たちを巻き込む詐欺の黒幕と対峙する姿を描く。そのほか、長谷川博己(38)、大野拓朗(27)、宇野祥平(38)、武田鉄矢(66)、前田弘二監督(38)が出席。なお、安藤政信(40)は体調不良で欠席した。



オリコントピックス