• ホーム
  • 映画
  • 【第88回アカデミー賞】レオ&ケイト、『タイタニック』アベック受賞はならず

【第88回アカデミー賞】レオ&ケイト、『タイタニック』アベック受賞はならず

 第88回アカデミー賞授賞式が米ロサンゼルスで現地時間28日に開催され、主演男優賞にノミネートされたレオナルド・ディカプリオ(『レヴェナント:蘇えりし者』)と、助演女優賞にノミネートされたケイト・ウィンスレット(『スティーブ・ジョブズ』)。かつての大ヒット作『タイタニック』コンビによるアベック受賞が期待されていたが、レオが念願の初受賞を果たした一方、ケイトは受賞を逃し、実現しなかった。

 授賞式前のレッドカーペットでは別々に登場したレオとケイトだが、撮影ポイントでは観客の大歓声を受けて、奇跡の2ショットが実現。時を経て笑顔で向かい合ったふたりに惜しみない歓声が贈られた。

 助演女優賞は、『リリーのすべて』のアリシア・ヴィキャンデルが初ノミネートにして初受賞した。

 『タイタニック』は、1998年の第70回アカデミー賞で作品賞、監督賞、撮影賞など最多11部門を受賞している。



オリコントピックス