• ホーム
  • 映画
  • 『バットマン vs スーパーマン』アクション満載の最新映像が公開

『バットマン vs スーパーマン』アクション満載の最新映像が公開

 全世界で最も有名な2大スーパーヒーロー、バットマンとスーパーマンが対峙する映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(3月25日 日米同時公開)。公開を1ヶ月後に控えたきょう25日、世代を超えて愛され続けてきた2人のヒーローが正面から殴りあう、迫力満点のバトルシーンが解禁された。

 昼は大富豪のプレイボーイ、夜はバットマンとして、手段をいとわず悪を制圧するブルース・ウェイン(ベン・アフレック)。公開された映像は、バットマンが彼の執事であるアルフレッド(ジェレミー・アイアンズ)から遠隔誘導され謎の悪党集団のアジトへ踏み込み、銃を構えた集団を肉弾戦で次々と制圧する一連のシーンから始まり、バットマンの強さを物語る大立ち回りを披露する。

 地球最強の男・スーパーマン(ヘンリー・カビル)は、映像内でもマシンガンの銃撃にも動じず、いともたやすくビルを突き抜ける強靭さが描かれ、人間を遥かに超えた力を持っていることがわかる。しかし、正義のために振るってきたはずのその力はやがて人類の脅威として恐れられ、彼を警戒したブルース・ウェインは、「1%でも人類にとって脅威になる可能性があるならば」と、圧倒的な戦力差があるスーパーマンに立ち向かう決意を見せる。

 2人の戦いに高揚する謎の男レックス・ルーサー(ジェシー・アイゼンバーグ)や、2015年度の『世界で最も美しい顔100人』第2位のガル・ガドットも登場。ガドットは、パーティー会場でブルース・ウェインを誘惑する妖艶な美女の姿と、盾を持ち荒野へ飛び立つ“戦う女性”ワンダーウーマンという全く異なる顔を見せる。

 映像の最後には、渾身のパンチをバットマンの腕で防がれたことに動揺するスーパーマンが映し出される。ビルの壁すらも簡単にぶち抜いた力を、人間であるバットマンはなぜ受け止めることができるのか? 鍛え上げた肉体と頭脳を武器に、“神”と例えられる強さを持つスーパーマンに立ち向かう戦略にも注目だ。

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス