• ホーム
  • 映画
  • 鈴木拓、映画舞台あいさつに“乱入” 無関係作品に溝端淳平の無茶ぶりで…

鈴木拓、映画舞台あいさつに“乱入” 無関係作品に溝端淳平の無茶ぶりで…

 漫☆画太郎氏によるギャグ漫画を俳優・松山ケンイチ主演で実写化した映画『珍遊記』(27日公開)の完成披露舞台あいさつが18日、都内で行われ、松山をはじめ、倉科カナ溝端淳平ら豪華キャスト陣が出席。そんななか、作品に一切関係のないお笑いコンビ・ドランクドラゴン鈴木拓が“乱入”して、笑いを誘った。

【写真】その他の写真を見る


 イベント冒頭から溝端の手にひかれる形でしれっと乱入した鈴木は、場違いな雰囲気を察したのか「全く出ていませんし、作品に関係ありません。溝端さんが無茶するから」とすかさず釈明し、溝端が「袖にいたから出ちゃいましょうよって」と笑いながら経緯を明かした。

 その後もキャスト陣に交じり、撮影秘話などに耳を傾けた鈴木。時折「なんでここにいるんだ!」「普通のお客さんじゃないか!」とやじられると「俺なんでここにいるんだろう?」と本音をポツリ。それでも最後には「すごく楽しみにしておりますので、僕も観に行きます」としっかりアピールしていた。

 舞台あいさつにはそのほか、鬼ヶ島のアイアム野田、脚本を担当したおおかわら、山口雄大監督が出席。主演の松山は、観客たちに向けて「色々となんとなく下ネタみたいなところも入ってきてるけど、規制されてないから面白かったら公開の時にお子さんを連れたり、家族とかを巻き込んで劇場に足を運んでもらえたら」と呼びかけた。



関連写真

  • 溝端淳平(左)の無茶振りで“乱入”したドランクドラゴンの鈴木拓 (C)ORICON NewS inc.
  • 無茶振りした溝端淳平(左)も大爆笑 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)アイアム野田、おおかわら、倉科カナ、松山ケンイチ、溝端淳平、鈴木拓、山口雄大監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 下ネタ連発の撮影を回顧した倉科カナ (C)ORICON NewS inc.
  • ほぼ全裸で主人公を演じた松山ケンイチ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『珍遊記』の完成披露舞台あいさつに出席した (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『珍遊記』の完成披露舞台あいさつの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『珍遊記』の完成披露舞台あいさつの模様 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス